タメ[ため]

この項目では技の始動前のコマンド入力について記述しています。始動後にボタンを押しっ放しにして待機することについては溜めをご覧ください。
レバーやボタンを一定時間以上ある方向に倒し続けること。
ボタンの場合は特にボタンタメとも呼ばれる。また、このコマンドで入力する技をタメ技と呼ぶ。
目次

概要

[編集]
例えば「←タメ→+P」なら←にタメてから→+Pと入力する。「←タメ→←→」なら←にタメてから→←→と入れる。

タメの方向は←か↓が多い。CAPCOM系に多い「↙タメ↘↙↗」というコマンドは、そのレバーの動きから三角タメと呼ばれる。
またファイターズヒストリーシリーズ、アルカナハートシリーズ、アンダーナイト インヴァースでは→タメ←、↑タメ↓コマンドが存在する。

テクニック

[編集]
2D対戦型格闘ゲームでは、↙にタメていれば←と↓を同時にタメていることになるため、↙にタメるのが基本。ただしワールドヒーローズPERFECTキャプテンキッドスパイラルキックSVC CHAOS(アーケード版、ネオジオ版)など、例外も存在する。
ジャンプ中やダウン中にすることも可能で、前者は連続技、後者はリバーサルに使うため、非常に重要。
ラウンド開始前にもタメが可能なゲームもあり、この場合は開始と同時に必殺技を出すことができ、飛び道具を持っている場合は重要となる。

技の開始が←か↙のため、ガードしながらコマンドを入力でき、その後はすぐに出せる利点があるため、技の発生の早さによっては反撃能力が優れる。
しかし初心者には扱いにくいと思われる傾向があり敬遠される。

チェーンコンボ系のシステムが実装されている作品は連続入力中にタメを入れておけば、キャンセルして連続技に繋ぐことも可能。ただし、練習が必要。

↙タメ↘↙↗のコマンドは最後の部分は上方向であればどれでもよい場合があり、↙タメ↘↓↙←↖と入力することで簡略化できる。
また、シリーズによっては複合入力を行うことで、タメコマンドの必殺技からさらにタメコマンドの超必殺技スーパーキャンセルできる。例えばCOMBOダブルローリングソバット≫SCソバットカーニバルは←タメ→+Kから←→+Kと入力する。

作品によっては↓タメ↑から←タメ→や←タメ→←→の技へ繋げる時に↙タメ↖+ボタンで出せば←のタメを維持したまま↓タメ↑コマンドの技を出せるため、残りのコマンド入力が簡単になる。
マイク・バイソンバイオレンスバッファローアッシュ・クリムゾンレオナ・ハイデルンハイパードライブモードの連続技には必須テクニックとなる。

タメ短縮

[編集]
作品によっては不可能だが←タメ→コマンドの技は←タメ→←+ボタンと入力することで次のタメを作りながら技を出すことが可能で、実質的に通常より短い間隔でタメ技を連発することができる。これにより、ガイルソニックブームの連射速度を上げたり、マイク・バイソンのダッシュアッパーを一度の連続技に二回組み込むといったことが可能になる。

関連項目

[編集]
カテゴリー:システム

(3735byte)
最終更新時間:10-14 17:59