クソゲー[くそげー]

出来の悪いとされるゲームに対する蔑称。糞ゲーとも表記される。

概要

[編集]
呼び名の由来としては、イラストレーター・みうらじゅんが、『いっき』(サンソフト)を評価する際に用いたという説がある。

クソゲーと評価される要素として、ゲーム難易度が極端に高い、ないしは低いこと、原作の人気に依存し、作品としての完成度が低いこと(いわゆるネガティブな意味で呼称されるキャラゲー)、バグが非常に多く、ゲームが正常に進行しないことなどがある。
そのようになってしまう原因は、開発の知識や技術、経験の不足など様々である。

しかしながら、「クソゲー」の規準はあくまで個人の主観に依るため、クソゲーとそうでないゲームとの明確な線引きは存在しない。
また、崩れたゲーム性の中に面白さを見出し、熱心にプレイする人や、純粋にそのゲームを好きでプレイしているファンもいるので、特にそういった人の前で安易にクソゲー呼ばわりするのは避けるべきと言える。

格ゲーにおいては、キャラごとのバランスが極端に悪かったり、対戦に差し支えるようなバグが数多く存在する作品がそのように評価される。
カテゴリー:一般

(1667byte)
最終更新時間:09-17 17:59