アリス・クライスラー[ありす・くらいすらー]

餓狼伝説』シリーズのサブキャラクター。元々は『餓狼伝説3』にてプレイヤーキャラクターとなる予定だったが没となり[1]、後のシリーズでサブキャラクターとして登場した。
目次

概要

[編集]
キム・カッファンの弟子の少女で、キムに「最強の男は誰?」と尋ねた際に「テリーさん」と聞かされ、以後テリーのファンとなった。そのためテリーと同じようなキャップやジャケットを着ている(ただし、設定資料には道着姿のものもあり、「テリーのミーハーではない」とも記載されている)。
没になった『餓狼伝説3』では技もテリーと同じものを使う予定だった。
没になった理由は当初予定になかった不知火 舞を『餓狼伝説3』に登場させたためで、容量の関係で削られた。

その後『リアルバウト餓狼伝説』のキムのエンディングに登場。『リアルバウト餓狼伝説SPECIAL』でもキムの特定の勝利ポーズで登場する(ここでは金髪のポニーテールで道着姿)。『KOF2002UM』の韓国ステージでも背景キャラクターとして声援を送っている。

KOF』シリーズでは同門に親友兼姉妹弟子のチェ・リムや先輩弟子のソンミが居る。『KOFマキシマムインパクト2』及び『KOFマキシマムインパクト レギュレーション"A"』におけるチェ・リムのストーリーにもアリスが登場しているが、KOFに出場すれば憧れのテリーに逢えると嬉々と語り、キムに代わってのKOF出場を重く受け止めていたチェ・リムを苛立たせてしまった[2]

アリス・ガーネット・ナカタ

[編集]
2006年に登場したパチスロ『餓狼伝説』には、アリス・クライスラーのプロフィールと設定を多く引き継ぎつつも細かい設定を変更した「アリス」として登場している。こちらでもテリーのファンであり、テリーを意識した格好をしているが、髪型が変更され、衣装はタンクトップ姿となった。

その後、続編以降のパチスロ・パチンコ『餓狼伝説』シリーズでは、上記のパチスロ版アリスが「アリス・ガーネット・ナカタ(中田)」というフルネームおよび「祖父がアメリカ人の日系3世」という設定に変更されており、メインキャラクター的に大きく扱われている(衣装はビキニに変更された)。

本編とは世界観の異なる恋愛ゲーム『Days of Memories 純白の天使たち』でも「アリス・ガーネット・ナカタ」としてヒロインの一人になっており、こちらではナースとなっている。

脚注

[編集]
  1. ^電波新聞社『オール・アバウト 餓狼伝説3』
  2. ^チェ・リム ストーリー:KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION "A"
カテゴリー:キャラクター

(3238byte)
最終更新時間:12-11 21:36