KOF攻略
 家庭用のみだとはいえ、使用キャラとして久々の復活。必殺技のほとんどが弱体化したが、それでも十分な強さを発揮するぞ。

 牽制の遠立A・遠立B・遠立C、J防止の遠立Dはどれもリーチが長いが、あまりにも大振りで使いにくい。牽制は屈Bを軸に遠立A、J防止は立ちCDを軸に遠立Dを巧く使おう。近立Cは2段技で2段ともキャンセルできる優秀な技。しかししゃがんでいるチョイなどにガードさせると2段目が当たらないので注意。また出が早くないので、JBの裏まわりからだとつながらないことが多いことも注意しよう。垂直JBは下に鋭く中段技として使える。JDは裏まわりが可能で、飛び込みはこれだけでもいけるぞ。

 ダブルトマホークは2段目が中段判定で1段目のみ単発でもキャンセル可能。リーチが長いので単発でも牽制に使えなくはないぞ。

 烈風拳は地を這う飛び道具。当然ながら隙が激増。とはいえ普通の飛び道具程度の隙なので、十分に使っていける。

 ダークバリアは飛び道具を跳ね返す技。ガードさせると隙が少ないので、起き上がりに重ねるといった使い方も可能だ。

 ジェノサイドカッターは大幅に弱体化。発生まで全身無敵だが出が非常に遅いので、割り込みには使いにくくなってしまった。弱で3ヒット、強で4ヒットする対空技。弱では空中の相手にフルヒットしないので、対空なら強を使おう。弱ならガードさせれば隙がなく、判定は相変わらず強い。頭上が無防備で、真上からだと潰されることもしばしば。

 ゴッドプレスは壁に叩きつけるラリアット。画面端まで運べ、ダウン回避不能なのでヒット後は非常に有利になる。ただしガードされると反撃確定なので注意しよう。

 ピース・ディストラクションは強攻撃からつながる突進技。特に弱は浮かせ判定を持ち、隙が少なく威力が高い優秀な技だ。連続技のお供に、と言いたいところだが、座高の低いキャラには当たらないことがある。相手が立っているなら常に狙っていこう。

 カイザーウェーブは通常の飛び道具とは相殺しない巨大な飛び道具。出が遅くなり、スピードが落ちた。溜めの長さで性能が変化するが、これには3段階。1段階目は通常の飛び道具。2段階目は少々出が遅い代わり、ヒット後は追撃可能となる。3段階目はガード不能なうえ追撃可能だが、出が早く弾速も速いので追撃しにくい。どの段階も根元判定はなく、強弱での弾速変更が利かない。またオメガルガールの後方にある手には判定があり(最大40ヒット)、後ろに行かれても安全な設計になっているので安心。

 ギガンティックプレッシャーゴッドプレスの強化版。ディストラクション・オメガに比べて威力が低い。無敵時間が短いので、主に連続技で使おう。

 ディストラクション・オメガは非常に出の早い乱舞技。その場で前方に向かって手を突き出すが、これの攻撃判定発生と同時に無敵判定が切れるため、相討ちしやすい。連続技、割り込みに使えるが対空には向かないぞ。

 MAX超必殺技はそれぞれの強化版だが、強化されているのは威力と演出のみ。やはりディストラクション・オメガのほうが威力が高くなっている。

 カイザーフェニックスは3種類のカイザーウェーブをランダムで数回放つ技。全て避け切ることがまず不可能なので、トドメに使うと効果覿面だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP