KOF攻略
 通常技のリーチを活かしてテリトリーを作り、その中に入らせないようにしよう。

 勾龍降脚蹴りや屈Dの先端が当たる間合いが強い。常にこの間合いを維持するようにしていこう。
 この間合いに入るにはJCDの先端当てがいい。これをすると、ちょうどその間合いに入るぞ。

 基本的には屈Dと遠立Dで牽制し、ジャンプしそうなタイミングで遠立Aを振っておく。

 リーチの長さは守るためだけではなく、攻めにも使っていける。中段の勾龍降脚蹴りと下段の屈Dのリーチがほぼ同じで、どちらも長いのでこれだけでも攻めることができる。
 勾龍降脚蹴りをガードされたらもう一度勾龍降脚蹴りを出すか屈Bの2択と、弱龍斬翔(相打ち覚悟)の割り込みで3択をかければOKだ。勾龍降脚蹴り後にも龍斬翔を出せるよう、常にタメを作っておこう。

 相手が間合いを離すと辛いので常にタメを作っておき、相手が遠ざかったらすかさず龍撃拳を撃つようにしよう。
 龍撃拳は打点が高いので、相手キャラ次第では簡単に潜られてしまうので時々は龍斬翔待ちのガードをするのも重要。相手が近付いて来ないようならこちらから攻めてしまおう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP