KOF攻略
とにかく通常技が強力。攻撃力よりも手数で勝負だ。

 遠立A・遠立Dは横に鋭く牽制で強い。遠立B・遠立CはJ防止に役立つぞ。JCDは斜め下へ鋭く、そこそこ出が早い。JDは下への判定が強いので飛び込みに、JCは横への判定が強いので空対空に使える。JCは必ずレバーを入れて夢桜を仕込んでおこう。

 黒燕の舞は足元が無敵の中段技。ヒット後はほぼ五分。何もつながらなくなってしまった。
 紅鶴の舞は1段目が下段の2段技。小技からもつながる連続技の要だ。
 大輪風車落としはのけぞりが長くなる代わりに間合いが離れるJ攻撃。
 浮羽は一旦空中で停滞した後、少し前方にずれた位置に落ちる技。ヒット時はダウン回避不能で裏まわりしやすいが、ガードされると反撃必至。
 山桜桃は弧を描いてヒップアタックをする。判定が強く裏まわりしやすいが、ガード時はゆっくり跳ね返るため反撃されることがある。

 花蝶扇はスタンダードな飛び道具。速度はゆっくりめだ。

 龍炎舞は弱が1、強が2段技。炎は飛び道具判定で、牽制や(好条件なら)対空などに使える。小夜千鳥からのキャンセル版のみダウンを奪うぞ。

 小夜千鳥は弱は強攻撃からつながり、強は判定が広く牽制や対空に使えなくもない。龍炎舞へキャンセルがかかるので連続技に使おう。単発では龍炎舞と似た性能で、使う機会は少ないぞ。

 必殺忍蜂は隙が大きい突進技。弱は2、強は1段技だ。連続技に使う際はヒット確認をしっかり取ろう。

 ムササビの舞(地上)は飛び上がって三角飛びをする技。ボタンを押しっぱなしにすることで三角飛び直後にムササビの舞(空中)が出る。レバーの上部分を前斜めにすることで、相手側の端に飛ぶことができるぞ。
 ムササビの舞(地上)の派生技である浮羽山桜桃は特殊技と同一の性能。もう1つの派生技である桃花鳥つぶては空中の相手も掴む投げ技だが、ムササビの舞(地上)が相手にガードポーズを取らせてしまうため、相手が緊急回避やジャンプで動かないかぎりは発生しない。強力なのでなるべく狙っていきたいが、浮羽が暴発しないように注意する必要がある。

 ムササビの舞(空中)は斜め下に急降下する技。判定はそこそこ強く、先端をガードさせれば隙がないぞ。

 超必殺忍蜂は出掛かりに全身無敵があり、強攻撃からつながる突進技。判定発生前に無敵時間が切れる。割り込みや連続技に使おう。MAX版では出が遅くなって強攻撃からつながらないが、長い無敵時間を利用した割り込みや対空に使えるぞ。

 水鳥の舞は3回連続で投げる飛び道具。飛び道具を消すのに使ったり、ケズリを意識させて飛ばせたり、という使い方が可能だ。

 鳳凰の舞は斜め上に上昇し、回転しながら落下する技。上昇中は無防備なのでST追撃が主な用途となる。

 桜吹雪は攻撃判定を持ちながら突進。これが当たらないと味方を応援してゲージを溜める。当たると連打を浴びせながら上昇、7段目で相手を突き落とす。7段目までは追撃可能だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP