KOF攻略
 弱体化は非常に痛いが、戦い方は大きく変わらない。

 通常技が高性能と言えず、守りは強くないのでガンガン攻めていこう。JCや外式・奈落落としを軸に屈Bや屈Aで刺し、間合いを調節したら外式・奈落落としなどでの裏まわりを狙う。
 相手は裏まわりを警戒しているはずなので、時々通常投げを狙って意表を突こう。一刹背負い投げなら起き上がりに裏まわりが狙えるぞ。

 相手の守りが固く、容易に攻めさせてくれないときは牽制。中間距離では先端を当てるように百拾四式・荒噛みを使うのが強力だ。タイミングをずらすために屈Dや立ちCDからの空キャンセルを絡めていこう。
 牽制ではR.E.D.KicKを使うのも効果的だが、ここで弱体化が響く。しゃがんでいる相手に当たらないため足払いで軽々潰されてしまうのだ。相手のジャンプを先読みしてのJ防止的な使い方がメインとなりそうだ。

 起き攻めは状況にもよるが、極力外式・奈落落としの裏まわりを狙っていきたい。リスクが少なくリターンが大きいからだ。相手端など裏まわりができない・間に合わない状況では外式・轟斧 陽と屈Bの2択や、近立Cと一刹背負い投げの2択がいいぞ。

 百拾伍式・毒噛みを連続技に使ってガードされてしまった場合、五分なので悪あがきをする・しないの2択を迫ろう。しない場合はガードかバックステップか後転。する場合は百式・鬼焼きなどでもいいが、相手が投げキャラでなければ九百拾式・鵺摘みが引っ掛かりやすい。状況的に相手は弱百式・鬼焼きを警戒するため、無防備な足元を狙ってくる。その小足をガードされても安心の当て身で掴むというわけだ。ばれていても必殺技を出す勇気はないはずなので投げはずしをしておけば安全だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP