KOF攻略
 大幅に強化されるとともに、ラルフとの差別化が施されているぞ。

 屈Cと遠立Cはラルフと同じだったがモーションが変更された。前者はリーチがほぼ同じで出が早くなったがキャンセル不能に。後者は相変わらず遠立Dで代用できるJ防止技だ。遠立DはJ防止で割と強力。見てから足払いで反撃可能なので使いすぎには注意。JAは飛び込みで便利。飛び込みはこれ1択でいいぞ。JB・JC・JDはそれぞれ下・前・上に判定が出ている空対空。状況によって使い分けよう。

 ストンピングは強攻撃から安定してつながるがキャンセル不能。単発では使いにくいので使い道がない。

 ガトリングアタックはラルフとは逆回転の連続攻撃。弱は2、強は3ヒットし、強の3段目をナパームストレッチでキャンセル可能で、ヒット時はつなげることが可能。ガード時は反撃必至。小技からつながるので連続技や反撃にもってこいだ。

 スーパーアルゼンチンバックブリーカーは投げ間合いの広い1フレーム投げ。基本的にはこの技を軸に戦うことになるぞ。

 マウントタックルはスピードが速い突進技。ヒット時は相手を押し倒す。判定が割と強く、足元が無敵だ。ヒット後に追加技を出せるが、投げはずしと同じ要領で同じボタンを押されてしまうと外される。
 派生技だが、まずクラークリフトはこれといって利点がない。ローリングクレイドルは強弱の見た目が変わらないので相手を翻弄できるぞ。スリーパーリフト(D.D.T)フラッシングエルボーに対応しているので起き攻め可能で他より威力が上だ。

 ナパームストレッチは空中の相手を掴むガード不能の打撃技。単発では対空に使うが、ジャンプを見てからでは間に合わないことが多いため出掛かりを掴まないといけない。

 フランケンシュタイナーは出が遅いものの、出掛かりが打撃にのみ全身無敵の投げ技。起き上がりに重ねたり対空にしたりと用途は様々だ。弱のほうが出が早く、強のほうが無敵が長いぞ。

 フラッシングエルボースーパーアルゼンチンバックブリーカースリーパーリフト(D.D.T)ナパームストレッチフランケンシュタイナーから出すことができるダウン追撃技。入れておいて損はないので必ず入力しておこう。

 ウルトラアルゼンチンバックブリーカースーパーアルゼンチンバックブリーカーの強化版。一気にダメージを奪いたいときに使おう。

 ランニングスリーは出掛かりの全身に完全無敵がある移動投げ。ウルトラアルゼンチンバックブリーカーよりも若干威力が上なので、割り込みでは積極的に狙っていきたい技だ。

 ST動作のフラッシングランチャーは画面の1/4ほどを進んでJCDで登場。これが地上ヒットしていれば連続ヒットする掴み技を繰り出す。掴み技がヒットすると自分端側へ相手キャラを投げ、追撃が可能。1段目が空中ヒットしたり根元がヒットしたりすると2段目がつながらないが、掴んでから投げるまでの時間が長いためどんな技ででも追撃が可能だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP