KOF攻略
 通常技を軸に立ち回り、隙あらば連続技を狙おう。

 まずは中間距離での牽制。屈Dや遠立D、屈Bを軸に固め、時々遠立Cか遠立Bでジャンプを防いでおく。ジャンプされてしまったら早めの弱砕破で迎撃しよう。
 屈Dはキャンセル対応なので是非活用したい。基本的に弱虎煌拳でいいだろうが、時々は弱雷煌拳や弱砕破にしたり、何も出さなかったりといったことも割り込まれないために必要だ。どの技も先端を当てるように心掛けよう。

 近距離では滅鬼斬空牙(芯!ちょうアッパー)をちらつかせるのが非常に重要。これにより牽制技を出させない効果があるため、容易に攻め込むことができるぞ。
 攻め方としてはまず【屈B≫屈A】をガードさせよう。そこから垂直小JD・遠立Cでの牽制と、通常JDでの裏まわりの2択を仕掛けよう。時々は意表を突いた屈Dなども効果的だ。
 裏まわりJDがヒットしたら連続技を叩き込み、ガードされたらまた屈Bからの連係へ。読まれて対空技などで対処されないよう細心の注意を払いながら固めていこう。

 裏ユリで非常に面白いのが雷煌拳。出掛かりの見た目が垂直J(弱は小、強は通常)と区別しにくいため、垂直Jとこれの2択が成立する。
 雷煌拳の飛び道具が着地したタイミングで小Jなどをするとそこにヒットすることがあるため、これに対しては相手は前転してくることがほとんど。対して垂直Jに前転してしまうとJ攻撃を喰らうことになる。
 この2択を成功させておくと相手の飛び込みへの反応も鈍るので、頭の片隅に入れておいて損はないぞ。

 起き攻めは燕翼と屈Bというのもあるが、無難に裏まわりJDを狙っていこう。燕翼の性能がよくないし、リスクも大きい。JDはまずガードされるだろうのでリターンは小さいが対空技で落とされにくいのでリスクも小さいぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP