KOF攻略
 必殺技の大半が牽制技で、至近距離に入られると辛いぞ。

 遠立Cは連続技の要となるが、座高の低い相手に当たらないことがある。屈Bは姿勢が低くリーチが長いので牽制に。キャンセルできないのが痛い。立ちBは1段目がキャンセル可能。2段目はキャンセルできないのが痛い。遠立Dは打点が高いのでJ防止に。使いすぎは禁物だ。JCは裏まわりが非常に簡単だが、この後は何もつながらない。JDは下に鋭く、飛び込みの要になるぞ。

 КОУРАИ(こうらい)は2段目が中段技。キャンセル版ではここがキャンセル可能になるぞ。

 ЯЧАНАГИНОМУЧИ(やたなぎのむち)は端まで届かない、2段の飛び道具。初段はのけぞり、2段目で吹っ飛ばす。打点は高めでしゃがまれると当たりにくい。強のほうがリーチが長い。

 ШАЖИЧУНООДОРИ(しゃじつのおどり)は多段ヒットの突進技。ヒットしてもダウンを奪えないが、ガードされても相手端でなければ手痛い反撃を受けにくいぞ。

 МУГЗЧУНОРАЙУН(むげつのらいうん)はボタンによって位置が違い、AからDの順に遠くなる飛び道具。遠くなるほど発生が遅くなり硬直が増える。しばらく判定が出ているが出が遅いため、相手の動きを先読みして出すことになるぞ。

 РАИЖИННОЧУЗ(らいじんのつえ)は少し前に進みながら相手を踏み潰す技。中段判定で、ヒットすればダウン回避不能だが隙は大きめだ。

 ШУКУМЗЙ、ГЗНЗЙ、СИНСИ(しゅくめい、げんえい、しんし)は多段ヒットの突進技。出掛かりに無敵時間がある。通常版の弱のみ、密着で強攻撃からつながる。ヒット・ガードに関わらず相手を貫くぞ。

 АНКОКУРАИКОКЗН(暗黒雷光拳)は非常に出が早い。通常版は5、MAX版は10段で、最後の判定を当てないとダウンを奪えないぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP