KOF攻略
 必殺技よりも上位の技は全てクリティカル対応。主に牽制技が強力だ。

 遠立Dは判定が強く、牽制というよりも「置き対空」といった感じに使える。近立Cは出が早く、屈B後に前にレバーを倒しながら出せばつながるぞ。JDは裏まわり性能が非常に高く、空中からの牽制にも使えるぞ。JCDは出が早めで空対空に向いている。

 外式・轟斧 カッコだけは強攻撃からもつながらない。おまけに京のものと違い中段ではない。ガードされるとわかっている連続技でゲージ溜めの意味で段数を増やす程度にしか使えないぞ。

 百式・鬼焼き 未完成は無敵時間のない対空技。判定だけは強いので、ある程度引き付けてから出せば使える。割り込みでは使い物にならないぞ。

 百拾四式・荒咬み 未完成は小技からつながり、戻りが早いので隙は皆無に等しい。さらに判定が広いので小・中Jされても当たることが多い。先端がクリティカルヒットすると百拾四式・荒咬み 未完成バーニングSHINGOをつなげられるぞ。牽制や連続技に重宝する。

 百拾五式・毒咬み 未完成は強攻撃からつながりダウンを奪う。ランダムで前作のように2段技になることがある。ガードされると不利なので、ヒット確認ができている連続技に。

 百壱式・朧車 未完成は斜め上に後ろ回し蹴りを放つ技。弱では1段、強では3段。強は京のものと違い、空中で連続で蹴るのではなく、蹴る度に一旦着地する。

 真吾キックは低空で回し蹴りを放つ突進技。弱は隙が少なく、強はスピードが速い。根元に当たったときのみダウンを奪えるが、先端を当てないと反撃確定だ。

 真吾謹製 オレ式・月肘はリーチが短いため連続技にはならない。出は早めでダウン回避不能だ。出掛かりに地上の通常・特殊技に対する当て身判定があり、これが成立すると相手を蹴り飛ばす。しかしガードが間に合うことが多々あり、当て身技としての用途は微妙だ。

 真吾謹製 オレ式・錵研ぎは密着なら小技からつながるガード不能技。ヒット後は相手を浮かせ、様々な技で追撃が可能。

 外式・駈け鳳燐は強攻撃からつながる浮かせ技。しかし硬直時間がランダムで変化し、追撃できないことがある。ガードクラッシュが確定で、MAX版は各種必殺技へのキャンセルが可能。

 バーニングSHINGOは強攻撃から安定してつながる。しかしやはりヒット確認が厳しく、使えるのは反撃時ぐらいのものだろう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP