KOF攻略
 通常技のリーチが非常に長い。これを活かして戦えるようにしよう。

 遠立Dと屈Dは恐ろしくリーチが長い。前者はキャンセルできないので使いすぎに注意だ。遠立Aや遠立Bもリーチが長い。それぞれJ防止と地上牽制に使おう。JCDはリーチが長い上に、判定が真横に向いているので空対空で便利な技だ。

 龍翻蹴は単発でもキャンセル可能で、空中にヒットしても喰らい判定を残す。地上・空中連続技の要だ。
 勾龍降脚蹴りは下段無敵でリーチが長い中段技。ガードされても五分で、間合いが離れるので反撃はされない。

 龍撃拳は飛ばない飛び道具。牽制というよりは前転防止技といった感じだ。

 龍牙はそこそこ強い対空技。弱は割り込み、強は引きつけて対空に使おう。

 飛燕旋風脚は低空を前進しながら、多段の蹴りを放つ技。ダウンを奪わないのが痛い。弱はガードされてもまず反撃されず、強はリーチが長い。

 飛燕龍神脚は空中から急降下しながら蹴りを放つ技。弱のほうが角度が急。ガード時は大きく跳ね返るため隙が少ないが、自分端付近では反撃されやすく危険だ。

 極限流連舞脚は出が遅めの打撃投げ。出掛かりに無敵があり、ヒット時は相手を浮かせ、追撃が可能。超必殺技がどれもつながらないのが欠点だ。

 龍斬翔は対空技のように見えるが判定が弱い。威力が高いので連続技に使おう。

 覇王翔吼拳は巨大な飛び道具を放つ技。スピードが遅いので使いにくい。

 龍虎乱舞は強攻撃からつながる乱舞技。ガードされても続ける。威力が高いが、無敵時間がないので連続技専用だ。

 無影疾風重段脚は出掛かりに長い無敵時間があり、威力が高い。連続技に組み込むには無理があり、使いどころは少ない。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP