KOF攻略
 リーチを活かしてテリトリーを作り、その中に入らせないようにしよう。

 勾龍降脚蹴りや屈Dの先端が当たる間合いが強い。常にこの間合いを維持するようにしていこう。
 この間合いに入るにはJCDの先端当てがいい。これをすると、ちょうどその間合いに入るぞ。

 基本的には屈Dと遠立Dで牽制し、ジャンプしそうなタイミングで遠立Aを振っておく。前転防止に屈Dキャンセルの弱龍撃拳を出しておくのも効果的だが、やりすぎると割り込みが恐いので、時々は何もしなかったり、勾龍降脚蹴りや弱飛燕旋風脚などの隙のない技にキャンセルすることも必要だ。

 リーチの長さは守るためだけではなく、攻めにも使っていける。中段の勾龍降脚蹴りと下段の屈Dのリーチがほぼ同じで、どちらも長いのでこれだけでも攻めることができる。
 勾龍降脚蹴りをガードされたらもう一度勾龍降脚蹴りを出すか屈Bの2択と、弱龍牙の割り込みで3択をかければOKだ。

 飛燕旋風脚飛燕龍神脚の先端を当てると隙がないが、大抵の相手はそこに攻撃してくるだろう。なのでここでは弱龍牙とそれ以外の行動(中下段の2択など)とで2択を狙うといい。無難に切り抜けたいなら屈Bが効果的だぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP