KOF攻略
 完璧なまでにバランスがいい。多くの技を使いこなそう。

 近立Cは2段ともキャンセル可能で連続技の要だ。遠立Cは出が遅いものの2段技でどちらもキャンセル可能。出てしまったときはとりあえずキャンセルしておこう。屈Dは出が遅くキャンセルがかからないので使いにくい。連打キャンセルがかかる屈Bを使おう。JDは裏まわり性能があるものの、地上へつなぎにくい。出が早くリーチが長いので中段技として使おう。通常の飛び込みにはJAを使うといいだろう。

 ハンマーアーチは出掛かりに下段無敵がある中段技。キャンセル版では強攻撃からつなぐことができ、前に跳ねるので間合いを詰めることができるぞ。
 クライミングアローはリーチが短いが上への判定が非常に強い技。対空として使うことができるぞ。
 ダブルローリングは1段目で相手がのけぞらない2段技。単発では2段目が下段で、キャンセル版では2段目がキャンセル可能。リーチが短いので使いにくいぞ。

 スピンフォールは低空から踵落としを放つ技。先端を当てれば隙が少ないぞ。

 M・スパイダーは低空を飛び、相手の身体に触れると成立する移動投げ。一瞬、スピンフォールとどちらか判りにくいものの、見てから通常技での迎撃が間に合ってしまう。

 ストレートスライサーは非常に低い姿勢で突進する下段技。強の根元のみ、上段判定でマリーが若干浮いている。ヒット時のみクラブ・クラッチにつなぐことが可能だ。

 バーチカル・アローは斜め上に上昇する蹴り技。対空技に見えるが、無敵時間が短く判定は強くない。ヒット時のみM・スナッチャーにつながるぞ。

 M・リバースフェイスロックM・ヘッドバスターは発生直後に当て身判定がある、高性能な当て身投げ。前者は必殺技と空中攻撃を掴み、後者は足元以外で地上の通常・特殊技を掴む。後者は相手を浮かすのでバーチカル・アローM・スプラッシュローズでの追撃が可能だぞ。

 バックドロップ・リアルは1フレーム投げ。投げ間合いが広めで、連続技でも安定する。

 M・タイフーンは威力の高い1フレーム投げ。バックドロップ・リアルに色をつける感じで使おう。

 M・スプラッシュローズは出掛かりに全身無敵があり、強攻撃からつながる乱舞技。割り込みで活躍するぞ。

 M・ダイナマイトスウィングは斜め上に飛び膝蹴りを放ち、これがヒットすると空中で相手を掴んで乱舞する。当たり所が悪いと相手を掴まないことがある。出掛かりに全身無敵があり、小技からつながるので対空に使えるぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP