KOF攻略
 上級者向けで難しい。飛び抜けて強い技や連続技があるわけでもなく、使いこなしにくい。

 屈Cは恐ろしく出が早く、気絶値が高めでリーチが長い。しかしキャンセルできず、小技に負けるほど判定が弱いのがネック。遠立Cは屈Cほどではないが出が早く、J防止に使える。遠立D・屈Dはリーチが恐ろしく長いので牽制に。屈Dはキャンセル可能だ。JDとJCDはしゃがんでいる相手に当たらないものの、リーチが長いので牽制・空対空に。垂直JDは昇りで出せば中段技になるぞ。飛び込みは下に鋭いJBを使おう。

 ダンク落としはヒットするとダウン回避不能。判定が真下に出ているので真上からの攻撃になら使えないこともない。EXTRA MODEならフロントステップから出すことで中段技として機能するぞ。
 ラッキーキックは強攻撃からつながり、ノーキャンセル版でもキャンセル可能。出掛かりは少し跳ねるので足元が無敵だ。しかし強攻撃から密着でないと届かず、非常に使いにくい。

 デスバウンドはボールをバウンドさせ、斜め上に飛ばす飛び道具。バウンドした直後から画面外まで判定が出ている。バウンド直後は足元に当たるので下段判定だ。強弱で軌道が違い、弱はより前に行く。ボールが壁になってくれるため隙は少ないものの、硬直自体は長めなので乱用はしないように。また時々ボールをキャッチせずにそのままパンチを繰り出すことがある。

 ラッキービジョンは出が早い移動技。終わり際に隙はあるが使い勝手は悪くない。

 サイクロンブレイクは低空を回転しながら進む多段技。空中でも多段ヒットし、ガードされても隙は少ない。しかし判定は強くないので、牽制には使わず飛び込みの代わりに使う程度に留めよう。

 デスダンクは飛び上がってからボールを叩き付ける技。ボールは手を離れた瞬間からバウンドして画面外に消えるまで判定が出ている。出が遅いものの、出てしまえば隙は少なめだ。

 デスシュートはボタンに対応した位置にボールを落とす技。A~Dへと段々遠くの位置になる。隙は大きくないが先読みされると手痛い反撃を受ける。相手端でキャンセルで出すなどするとシュートすると見せかけて相手を蹴る。

 デスヒールはほぼ垂直に飛び膝蹴りから踵落としの連係攻撃を放つ。対空技のように見えるが、無敵時間はなく判定が小さい・弱いで使い物にならない。小技からの連続技に使おう。

 ヘルバウンドデスバウンドのポーズで目の前に飛び道具の柱を立てる技。出が早い弱は小技からつながるほか、対空技としても使用可能。強は少し前に進む。

 ラッキードライバーは出掛かりが無敵で強攻撃からつながる。しかし隙が大きすぎるため単発ではなく連続技で使うのが主な用途だろう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP