KOF攻略
 常に中間距離以上の間合いを保ち、飛び道具や通常技での牽制で徐々に体力を奪っていくのが基本だ。

 まずは強力なデスバウンド。牽制ではこれが軸になる。屈Dや立ちCDなどから弱デスバウンドを出し、時々サイクロンブレイクを使って前転を防止する。もし防止されたら相打ち覚悟の屈Cが嫌がられるぞ。
 上記の動作でデスバウンドを意識させたら屈Dなどから弱デスダンクを出してみよう。本来なら危険だが反応できないはずなので、出したらすぐに屈Dや屈Cをボールと重ねるようにガードさせるなどしよう。EXTRA MODEならフロントステップダンク落としを重ねてもいいぞ。
 或いは屈Dなどをラッキービジョンでキャンセルし、ラッキークラッシュなどを狙うのもいいし、デスシュートを出すのもOKだろう。この固めでゲージを溜めてヘルバウンドでの対空やガーキャンCD用のゲージを作っておくと、攻められたときが楽になるぞ。

 相手が飛び道具を跳ね返す技を持っている場合、硬直が長めなデスバウンドをその標的にされることが多い。そのため山崎の倍返しのようなものにはデスダンクでタイミングをずらし、アテナのサイコリフレクターのようなバリヤーには跳ね返せないデスシュートで翻弄することが重要になるぞ。

 EXTRA MODEにしているなら、おもむろにフロントステップダンク落としと、フロントステップからのラッキークラッシュの2択を狙うというのもいい。しかし小技をばら撒かれるとどちらも効かなくなってしまうので、警戒している相手には使わないようにしよう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP