KOF攻略
 通常の京よりも技が解りやすく、非常に使いやすい。

 通常技が高性能と言えず、守りは強くないのでガンガン攻めていこう。JCや外式・奈落落としを軸に屈Bや屈Aで刺し、間合いを調節したら外式・奈落落としでの裏まわりを狙う。
 相手は裏まわりを警戒しているはずなので、時々通常投げを狙って意表を突こう。一刹背負い投げなら起き上がりに裏まわりが狙えるぞ。

 相手の守りが固く、容易に攻めさせてくれないときは牽制。そのときに使うのはやはり百八式・闇払いだ。基本的には弱を、時々強を使うといいだろう。タイミングをずらすために屈Dや立ちCDからの空キャンセルを絡めていこう。
 百八式・闇払いを撃った後は相手の動きをよく見ておこう。通常・大Jなどで避けてきて、相手の反撃が間に合わないときは強百式・鬼焼きで迎撃。また前転で回避した場合は前転後の動きを見て、守りを固めているようなら屈Aなどで刺していこう。そこから攻めてくるようなら百式・鬼焼きで割り込んでしまうのがいいぞ。
 また垂直小Jからの外式・奈落落としやJDを振っておくのも強い。通常技の対空が強いキャラなどには特に有効だ。

 起き攻めは状況にもよるが、極力外式・奈落落としの裏まわりを狙っていきたい。リスクが少なくリターンが大きいからだ。相手端など裏まわりができない・間に合わない状況では外式・轟斧 陽と屈Bの2択や、近立Cと一刹背負い投げの2択がいいぞ。

 守りを軸に戦うほどではないものの割り込みや対空にも恵まれているので、安心して攻め込もう。攻めてゲージを作り、そのゲージを守りに使うという黄金のサイクルで戦うのがスタイルだ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP