KOF攻略
 技中など、常時下方向にタメておき、いつでも飛燕斬を出せるようにしておこう。

 待っていても強いキャラではないのでどんどん攻めていこう。
 接近には中JCDがお勧め。先端を当てるようにガードさせ、そこからJAや飛翔脚での裏まわりを狙ったり、遠立Aを軸にした固めを展開していこう。

 固めで使えるのが【屈A>遠立A>屈D】などの連係。時には最後の屈Dを三連撃(1段目のみ)にしてジャンプを防いでおこう。相手が割り込み技を使えない状況なら流星落を出すのもいいぞ。

 トラ・ヨプチャギを絡めた連続技・連係で飛翔脚へキャンセルした後も肝心。この状況で基本となるのが首極め落としと近立Cの自動2択だ。通常投げなので隙はないし、相手が近立Cを喰らってくれると非常においしいぞ。
 或いは屈Aを当てるのも無難でいい。屈A後はダッシュから近立Cを当てたり、屈Bを出したり、裏まわりを狙ったりと様々な選択肢が考えられる。またこれらの固めで屈Cを当てたらトラ・ヨプチャギか弱半月斬の連続技をガードさせよう。

 ハキキャンができるならば使わない手はない。これがあるかないかでは連続技はおろか立ち回りにも大きく影響するので要練習だ。ゲージが溜まってしまっていれば連続技やガーキャンで空にしよう。
 まずは近立Cか屈Aからハキキャンし、屈Dなどをガードさせる方法。リスクが少ない上、ゲージを溜めることができるぞ。さらにリスクを減らしたいのなら屈Dではなく遠立Aにするといいだろう。
 またはハキキャンから首極め落としと近立Cの2択。近立Cがガードされたらハキキャンかトラ・ヨプチャギの連続技につなげ、攻めを維持しよう。
 ゲージがあるときにハキキャンを試みると痛い目を見るため、ゲージの有無には細心の注意を払うようにしよう。

 上記のように動き、ゲージを溜めては使い、溜めては使い、と戦うのが基本だ。相手が動いたらすぐに飛燕斬で潰し、鉄壁をアピールして行動を制限しよう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP