KOF攻略
 ハイデルンが出てくればまず警戒するのが体力を吸う技。その中でも投げ技のストームブリンガーは最も警戒される。それを逆手にとって戦おう。

 遠距離ではお約束、弱クロスカッター。立ちCDから空キャンセルで出すと、遠距離で飛び込むことへの警戒心を煽るので時々やっておくといい。基本的には屈Aや屈Dから空キャンセルしよう。

 クロスカッターを避けられてしまった場合、立ちAなどの牽制技でピンチを離脱しよう。ジャンプを先読みできているならネックローリングで出掛かりを潰してしまうのが効果的だ。
 逆にクロスカッターをガードしようとする相手には大Jかダッシュで接近、中間距離以内まで一気に間合いを詰めよう。ここからは攻めの体勢に入るぞ。

 攻めるときは立ちA・遠立B・屈Bを軸にJDも絡めながらひたすら牽制。立ちAやJDをガードさせてからおもむろにダッシュし、そこから近立Cとストームブリンガーの2択を謀る。
 近立Cをガードさせたときはシュターナルナゲールを出す。シュターナルナゲールはキャンセルせず終わるまで↙方向にタメておき、そこから相手が動いたらムーンスラッシャー、動かなければクロスカッター、前転したら素早く反応してストームブリンガー、というのが効くぞ。

 ハイデルンの必殺技はヒット後、ほとんどが中間~遠距離になる。技後は弱クロスカッター(場合によって空キャンセルや後転から)を出したいので、技中に↙方向にタメを作っておくことを癖にしよう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP