KOF攻略
 素早い動きと技で相手を翻弄できるように練習を重ねよう。足を使う技がひとつもなく、全体的にリーチが短いのが欠点だ。

 地上の小技はどれも動きが速く隙が少ない。特に屈Bや屈Aなどは非常に早く、連打キャンセルすると他キャラでは考えられないほどつながりやすいぞ。近立Dは2段技で2段共キャンセル可能。強攻撃からの連続技はこれを使おう。遠立Aは連打キャンセルが利き、リーチが長い。J防止を兼ねた牽制で強力だぞ。
 JBは裏まわり判定がある。ほぼ真下に向いていてリーチが短いので、通常Jでの飛び込み以外では使わないほうがいい。JCは2段技。小Jでこれを振るだけでも結構強力だ。JD・JCDは空対空で強く、割とリーチがあるので牽制に使うことも可能だ。

 ロッククラッシュは単発では中段技で空中にヒットするとダウン回避不能。キャンセルすると小技からもつながり、前に進むので連続技を安定させる。

 R・S・Dは少し前進しながらストレートを放つ技。シャドー使用後の強のみダウンを奪う。強はヒット数が多いが、ヒットしても互角。対して弱は硬直が非常に短くガードさせても有利。弱なら牽制に使うことも可能だ。

 ブラストアッパーは前方にリーチの短い飛び道具判定を放つ技。シャドー未使用ではダウンを奪わない。先端を当てての牽制に使おう。

 ソウルフラワーは出掛かりに短い全身無敵があり、その後は上半身を無敵にして全身に飛び道具判定を出す技。出が遅いので割り込みには使えないが、対空に重宝する。隙が少ないのでJ防止目的で見せておくのもいいだろう。

 シャドーは無防備で攻撃判定がないシャドーボクシングをする。使用後に必殺技を使うと、一度だけパワーアップ版が出る(基本的には通常版後に追加攻撃が出るようになる)。攻撃を喰らうかパワーアップ版の技を出すことで効果は切れるが、効果が切れたらもう一度使えばOK。
 またシャドー自身もパワーアップする。通常版に攻撃判定が付いたような技で、小技からつながる。ガードされてもガーキャンされなければ隙は多くなく、ダウンを奪う。

 ダッキングコンビネーションは出掛かりに長い全身無敵がある突進技。出は遅く強攻撃からもつながらない。2段目は強で出すと1段目からつながる下段技、弱ではつながらない中段技が出る。どちらもダウンを奪い、弱はダウン回避不可だ。

 ダンシングビートは小技からつながるが間合いが短い打撃投げ。シャドー使用後は相手を浮かす効果が付く。

 D・クレイジーは相手をロックしない乱舞技。小技からもつながり、出掛かりには無敵時間がある。最大のダメージ源になるぞ。ガードされても全く隙がないのも利点だ。

 D・マグナムは出が遅く強攻撃からもつながらない、跳ね返されない飛び道具。溜めることが可能だがガード不能になるわけではない。MAX時のみシャドー後のダンシングビートから最速入力でつなぐことが可能。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP