KOF攻略
 まず基本動作は小技(主に屈A)とバックステップ。バックステップは他のキャラに比べ異常に速いので、後転を使うよりずっと安全だ。ヒットアンドアウェイを意識しよう。

 屈Aはなるべく根元から連打で当てておきたい。ゲージを溜めるという理由はもちろんのこと、ちくちく刺していくことで相手に不快感を与え、落ち着きをなくさせる効果も期待できるぞ。
 屈Aを当てた後は基本的にバックステップして様子見・最後の屈Aをキャンセルで弱R・S・Dダッキングコンビネーション・JCやJBでの飛び込みの3択。なるべくパターン化しないよう、例えばダッシュして屈Aとリバースストマックバスターの2択など、色々な選択肢を絡めていこう。また弱R・S・D後も同様のことが言えるぞ。
 それと屈Aヒット時は確実にD・クレイジーへつないでおきたい。なのでただ連打するだけでなく、常に気を張ってヒット確認するようにしよう。

 相手のジャンプが読めたときなどに立ちCD(空)キャンセルシャドーを使う。状況に応じて屈Cからにするなど、相手に反応されないようにしよう。
 シャドー使用後は相手がダンシングビートを警戒する。そのためすぐに必殺技を使ってしまうのではなく、ダンシングビートを意識させながら試合の主導権を握り、小技で刺していくようにしよう。
 チャンスがあればソウルフラワーでの対空やR・S・Dの連続技、ダッキングコンビネーションでの割り込みなどにパワーアップ版を使う。忘れたころに屈Aを当ててダッシュで近付くなどしてダンシングビートを使っていこう。

 置き攻めではロッククラッシュと屈Dの2択、近立Dとダンシングビートの2択、裏まわりJBなどが有効。欲張らないで屈Aなどをガードさせるのもひとつの手だ。また相手のリバーサル防止に隙が少ないダッキングコンビネーションを重ねるのも面白いぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP