KOF攻略
 トリッキーという言葉のためにいるようなキャラ。技を一通り使えるようになるのも難しい。

 遠立Aは出が早い上にリーチが長く、これを振りながら歩くだけで強いぞ。遠立Dは判定が強く、そこそこリーチが長い。牽制技として使えるだろう。JCは裏まわりが非常に楽で最大3ヒットする。2・3段目にはキャンセルまでかかる便利な技。飛び込みはこれだけでいけるぞ。なお、3段目を足元に当てるとガード不能になる。JDは昇りで出すと中段技として機能する。JCDは空対空として抜群の性能を誇っている。

 二段斬は出掛かりの上半身に無敵時間があり、2段ともキャンセル可能。2段目は相手をふっとばしてしまい、強攻撃からつながらず使いにくい。
 通り魔蹴りは強攻撃からつながり、出掛かりの足元が無敵。ノーキャンセルで遠立Bや鳳凰脚がつながるほど硬直が少なく、固めや連続技に使えるぞ。

 竜巻疾風斬は判定が弱い上に隙が多く、単発ではほぼ使いどころがない。ヒット数が多い割に威力も低いぞ。

 飛翔空裂斬はコマンドの上方向部分を前後の斜めにコマンドすることで任意の壁に三角跳びをする技で、真上だと後方へ移動する。ボタンを押しっぱなしにするとそのまま突進するが、弱では斜め下に、強では横方向に飛ぶ。突進せずに間合いを離すために使うのもいいだろう。

 旋風飛猿刺突飛翔空裂斬同様、任意の8方向に方向転換できる。主に3回目を後方にして逃げるか、前斜めにして安全に攻撃するのが一般的な使い方だ。

 飛翔脚は弱では斜め20度、強では斜め45度付近に向かって多段攻撃を出す。割と判定が強く潰されにくいぞ。

 疾走飛翔斬は相手の目の前までダッシュし、爪で切り上げる技。隙があまりにも大きく、非常に使いにくい。

 回転飛猿斬は出掛かりにほぼ全身の無敵判定がある。ヒット・ガード後は弱では前方、強では後方に飛び、この間は完全無防備。
 奇襲飛猿突きは先端を当てれば隙がなく、チョイの技のなかではかなり威力が高い。回転飛猿斬を屈攻撃などで潰しにかかってきた相手に使うのが一般的だ。

 真!超絶竜巻真空斬は巨大な竜巻を身に纏う技。技中は前後に移動可能だ。弱はすぐにやめ、強は長い。MAX版は強弱に関わらず長く、ヒット時に前に進めば多段ヒットするぞ。無敵時間があるが判定の発生前に切れる。出てしまえばまず潰されることはないが、終わり際のタイミングを知っている相手には手痛い反撃を受けてしまうので注意。先読みの対空や緊急回避潰しに使おう。

 鳳凰脚は弱なら非常に出が早い乱舞技。無敵は短いが背が低いので、対空に使うことが可能だが、背が低いせいで判定が小さくて当てにくいのがネック。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP