KOF攻略
 表よりも不安定だがリターンが大きい。

 中間距離ではお約束の屈Aだが、出が遅いため、手痛い対処をされてもおかしくない。振りすぎに注意して先端を当てるように使っていこう。時々垂直JAや大回転蹴り棒高跳び蹴りを使うと調子を狂わせることができるので念頭に置いておこう。
 頃合いを見てJCやJCDでの牽制から間合いを詰め、大回転蹴りと屈B、JCを軸にした固めで押していこう。相手が割り込みを試みそうなときはすかさずガードするように心掛けておこう。

 守りは強くないのでなるべく先読みで何とかするようにしていきたい。特に屈A中にジャンプされるパターンが多いので、これを使っているときこそ注意しよう。
 まずはJ防止の遠立B。足元が無防備なので振りすぎないように、時々見せる程度の頻度でいいだろう。飛び込んでくる確信があれば大回転蹴りの1段目をジャンプの出掛かりに当てるつもりで出そう。ガードされても安心で、出が早いので(使いすぎなければ)割り込まれることもまずないぞ。
 また雀落としを見せておくのが非常に効果的。隙が大きいからこそ、連打すると引っ掛かって喰らってくれることもあるぞ。しかしリスクも非常に大きいので調子に乗らないようにしよう。
 ある程度間合いがある場合は遠立Dを見せておくのも手。ここにジャンプされても大抵勝てるし、相手キャラに出の早い突進技がなければ反撃されにくいからだ。とはいえ隙があまりにも大きいので、当然ながら使いすぎは厳禁だぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP