KOF攻略
 攻めも守りもいまいち、というのが今作のユリの正直な評価だろう。とはいえ、多くの中間距離における牽制技が残っているのはせめてもの救い。

 まずは遠立Cと遠立D。リーチとでの早さはそこそこで、することに困ったら取りあえず出す、といった感じで使っていく。しかしゲームスピードが上がっている今作では少々使いにくい感があるのだが、他にまだ使える通常牽制技といえば遠立Bぐらいのもの。

 それと強力なのが虎煌拳砕破虎煌拳は相手との距離などを見て強弱を使い分けよう。これらを上手く使っていくことによって、中間距離での試合の主導権を握ることができる。砕破のほうは先読み対空・緊急回避防止技として役に立つぞ。

 相手の動きを抑えられてきたらゆり降りを絡めたJ攻撃で暴れてみる。相手が対空技を撃ってきそうになったら雷煌拳で潰してしまおう。(滅多にないとは思うが)ゆり降りが当たったら連続技を叩き込もう。

 対空技は早めの弱空牙(ユリちょうアッパー)とひきつけての飛燕鳳凰脚やCA。どれも頼れるとはいえない。

 起き攻めは屈Bと燕翼の2択や、百烈びんたおよびさいれんと投げと打撃技の2択。

 リバーサルは投げと弱空牙(ユリちょうアッパー)飛燕鳳凰脚などを使い分ける。弱空牙(ユリちょうアッパー)の横への判定はそこそこ信頼できるぞ。

 また相手のCAをガードしたときは後方大J雷煌拳を使おう。新しく出てきた相手キャラに当たることが多く、無難に交代キャラの攻撃を避けられる。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP