KOF攻略
 衣装とともに技もマイナーチェンジしているところが多い。

 屈Aは連打キャンセルが利かなくなった。JDは相変わらず中段技として機能するが、システム上着地硬直が長くなっていることで慎重に使っていくことになる。遠立Dと屈Dは牽制技として非常に優秀で、JCは空対空として強い。

 特殊技のブッ刺しは単発で出せば2段とも中段技。1段目の判定が少し長くなっているため、弱攻撃からもつながるようになった。

 サドマゾは当て身打撃技。後ろから攻撃されても反対側を殴るようになったが、下段に当て身判定がないのは相変わらず。成立時の硬直が長くなり、起き攻めができなくなっている。当て身成立後、ヒット時のみSC可能だ。

 蛇使い 上段蛇使い 中段のように1ヒットでもさせればダウン回避不能になるように。逆に蛇使い 中段は2ヒット目をヒットさせないとダウン回避不能にならない。ただし少しだけ判定が広くなり、大部分のしゃがんでいるキャラに当たるようになったぞ。蛇使い 下段は下段判定になったが全く意味がなく、連続技専用。しかし上中下段ともに出が遅くなり、上中段は小技からつながらなくなった上、下段に至っては砂かけからしかつながらなくなった。またこれらは全てボタンを離す前にDボタンを押すと、キャンセルして立ち状態に戻ることができる。

 倍返しは飛び道具を掻き消す技。強のみ成立時に巨大な飛び道具を放つ。相手の飛び道具が何であろうと、一定のダメージ・スピードの飛び道具を出すぞ。またこれがヒットしてもダウンを奪えなくなった。弱は成立時にゲージが大きく溜まるようになった。横方向への判定が非常に強く、遠距離からの中J攻撃(レオナのJDなど)に一方的に勝つことができるぞ。

 ヤキ入れは相変わらず隙が多く使いにくいが、1段目の判定が強くなっていて対空技として使える。
 砂かけは連続技専用技の感が強いが、リーチが短くなっている。

 爆弾パチキは1フレームで発生する投げ技。投げ範囲が狭いので使い勝手はよくない。

 裁きの匕首は特に変化は見られない。弱は2ヒットで強は4ヒット。ともに1段目がSCに対応している。

 ギロチンは無敵時間がなくなり、軌道がより上方向に変化し、判定もより上方向に強くなった。ロック部分が当たらないで飛び越えてしまった場合は、相手が大きく跳ねるので隙はない。

 ドリルは特に変わっていない。性能そのものは爆弾パチキと大して変わらない。暗転直後から掴むまでの間にパンチボタンを連打することによって3段階あるレベルが上がる。もちろん3段階目が一番威力が高いのだが、相手のパワーゲージが大幅に増えてしまう欠点もある。威力が少々高め。

 狂拳はガード不能技。コマンドが少々シビアだが使い勝手はそこそこいい。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP