KOF攻略
 色々と性能は変化しているものの、戦法は全く変わらずだ。

 基本はほぼ常に中間距離の空中にいること。小・中JC・JDを右往左往しながら出し、たまにフェイントでフック・ショット "コード:風"を出す。飛び込みは中間距離ではJD、近距離ではJPを使えば易々と迎撃されることはまずない。

 そうして立ちガードを意識させたらスカシから近立Bやツェットを狙ったり、相手が対空技を意識し始めたころに後方Jから屈Aなどで牽制したりする。

 立ち回りはこんなものとして、あとはストリングス・ショットを上手く使うことが重要になってくる。ここでは大きく分けて2種類の方法を紹介しよう。
 まず「当てるつもりで出さない」方法。中~遠距離で出し、前後に歩いて相手のジャンプか前転あるいは突進技を誘う。それらの動作を見たらすぐにストリングス・ショット タイプD "コード:アメ"で止め、連続技を入れたり対空技で迎撃したり、JDで飛び込み・空対空、といった感じだ。
 続いて「当てにいく」方法。基本は中間距離でストリングス・ショット タイプA "コード:優越"ストリングス・ショット タイプC "コード:勝利"を出して溜めずに発生させるもの。これだけでも急にやられると困る相手がいる。それと少し溜めて相手の様子を伺い、前転をそのまま取ってしまう方法。前転以外の動作をされたら前述の方法で対処する。
 そして最後に起き攻め。主にストリングス・ショット タイプA "コード:優越"ストリングス・ショット タイプC "コード:勝利"ヒット時、硬直が解けたらすぐにどちらかを出して、リバーサルを喰らわないように少しだけ後ろに下がって起き上がりに2段目がピッタリ当たるように出す、というもの。成功後はもちろんもう一度繰り返すこともできる。前に成功したボタンと逆の技を出すと効果的だぞ。3~4回目は無敵でリーチの長いリバーサルが来る可能性が高まるので控えておこう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP