KOF攻略
 攻めに特化した技が多いシェン・ウー。安定性などは考えず、派手に攻めていったほうがいい。

 遠立Bは牽制技として活躍するが、キャラの特性上、割り込み防止程度に使う程度でいい。遠立Dはジャンプ防止技として非常に強力。ただし転連蹴に化けないよう要注意。屈Cは全キャラ中No.1というほど判定が強い。ジャンプ防止程度に振っていく。JCは空対空、JDは飛び込みとして優秀で、JDは裏まわり性能がある。

 斧旋脚は単発で中段判定だがモーションが大きく出が遅い。中段技としての使い方はしないほうがいいだろうし、密着でないと通常技からキャンセルで届かないので使いにくい。
 転連蹴は恐ろしく出の遅い回し蹴り。ボタン押しっぱなしで蹴りを出さず移動するが、モーションが大きすぎて回っている間に潰されてしまう。使いどころはなさそうだ。

 激拳は突進技。地上の相手にヒットさせるとダウンしない。ガードされると若干隙があり、ヒットしてもほぼ5分だ。弱のほうが隙が少ない。近距離からの強のみSCで虎豹連撃と爆真をつなげられる。ボタン押しっぱなしで溜めることができ、最後まで溜まるとガード不能&ダウン。また溜めている間にキックボタンでキャンセルすることができる。キャンセルのタイミングだが、パンチとキックをポポンという感じでずらし押しすると最速でキャンセル可能だ。最速のタイミングを逃すと、その後にキャンセルできない時間がある。最速キャンセル後は遠立Bがヒットするがあまり意味はないだろう。なお、ガードされるとわかっているとき以外は基本的に強で出すほうがいい。

 伏虎撃は強攻撃から出したときに連続ガードにならず、投げなどで割り込まれることがあるが、密着以外からの連続技のお供となる技。降龍撃へはディレイをかけることができる。伏虎撃は隙が少ないが降龍撃は多め。

 截攻崩撃は投げ技で出が遅めなので、相手に暴れられると弱い。ヒット後は距離が若干離れてしまうとはいえ地上連続技で追撃可能。CAや近立Cがつながる。またミスりモーションには飛び道具を跳ね返す判定が付いている。

 絶!激拳は弱攻撃からつながる突進技だが、激拳と違い溜めることなどはできない。弱は下半身、強は上半身に、突進中のみ無敵時間があるので、飛び道具等に合わせて出すと強力。また距離が離れているときの反撃等にも使いやすい。カウンターワイヤーが付いているが、成立したときは近立Cで追撃して攻めていくのが基本で、条件次第では虎豹連撃なども当てられる。またSCで出すとダメージに補正がかかってしまい威力が下がる。

 虎豹連撃は非常に出が早いが判定が小さい。前に対する判定が強く、無敵時間があるので割り込みに優秀。また暗転した時点で相手がガードポーズをとっていないとヒット確定なので目の前にいる相手への反撃技として非常に強いほか、適当に出しても当たることがある。威力が大きいので積極的に狙っていくといい。

 爆真は出掛かりに長い無敵があり飛び道具判定が全身から画面外へ昇っていく技。その後、約5カウントにわたりパワーアップ状態になるが、パワーアップ状態では攻撃力が2倍弱と強力。ただしパワーアップ状態になると自キャラの気絶値が大幅に溜まり、強攻撃を5~6発喰らうだけで気絶してしまうので注意。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP