KOF攻略
 今作は通常技の地味な弱体化が多い。

 遠立Aがキャンセル不能となり、遠立C・屈Dはリーチが短くなり、遠立Bの出が遅くなったので、牽制技には苦労しそうだ。空対空はJA・JB、小JDで飛び込みはJC・JDでいいだろう。

 氷柱割りは出が早めな中段技。若干リーチが長くなった。
 上段受けは上半身、下段受けは下半身がガードポイントとなり、相手の技を受け止めている間が必殺技でキャンセル可能となる技。出るまでに少々時間がかかるので上手に使うには練習が必要だ。

 虎煌拳は隙が増え、相手キャラによってはガード時に手痛い反撃を受けてしまう。しかし相変わらず先端を当てるように使えば牽制技として活躍する。弱は隙が少なくてリーチが短く、強はその逆だ。

 虎咆は無敵時間が短くなったようだが、判定が強いので相変わらずそれを感じさせない強さを誇る。弱は割り込みに、強は対空に使おう。

 飛燕疾風脚は連続技や上段受け下段受けのキャンセル専用技という感が取れない。単発では使う機会が少ないだろう。

 暫烈拳は強もダウン回避不能に。相手の緊急回避を狙ったり、ちょっとした奇襲として使おう。

 猛虎 雷神刹は空キャンセルがなくなったことで使い道が減ったが、空中に当たってもダウン回避不能になり、ガード時の隙が若干減った。虎煌拳の弱体化などの点から、決め打ちのキャンセルでは、しっかり対処されるまではこれの弱を使ったほうがいい。

 虎咆疾風拳は一旦後ろに下がり、突進する。かなり隙が増えてはいるが、SCに対応しているので、ヒット確認ができるなら大ダメージを与えられるぞ。ガードポイントが付いているがあまり役に立たない。弱なら奇襲や近立C・屈Cからの連係として機能する。

 覇王翔吼拳は必殺技の飛び道具をかき消す飛び道具で、弱は強攻撃からつながる。強弱を使い分けて単発で使い、緊急回避しようとした相手に当てるといったこともできるが、基本的には相手の飛び道具に強を重ねたり、連続技に弱を使うというのがほとんどだ。連続技にするとダメージ補正がかかってしまうので注意。

 龍虎乱舞は無敵のほとんどない乱舞技。判定も決して強くないので対空や割り込みには向かない。連続技以外の使い道はないといってもいい。

 天地覇煌拳は弱体化が進んでいる今作のリョウの救いとなる技。無敵時間が長く、判定が広く強く、出が早く、相手を確実に気絶させるという、何もかもが揃った技だ。対空、割り込み、連続技にと、様々な面で優秀。気絶させた後はジャンプからの一番威力の高い連続技を当てよう。ただし一度気絶させた相手は一撃では気絶しない。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP