KOF攻略
 まず他のキャラと比べ、前作との変更点が多い。

 遠立Cと屈Cだが、少々判定が強くなっている。屈Cは相手の牽制や小技の固めに合わせて出すと後から出しても相打ちに持っていけるほど。出が遅くなっているので注意。遠立Cは出切ると本体であるラルフの喰らい判定が腕にしかなくなるのでチャンのぶっとばしなどに一方的に勝つことができるぞ。屈Aはリーチが若干ではあるが短くなり、近立Bはキャンセル不能になったうえリーチが短くなっている。そのためここ数年以上にCボタンに頼っていくことになりそうだ。

 ガトリングアタックは1~2段目の当たり判定が下に広くなっていて、今まで当たらなかった座高の低いキャラにも若干当たりやすくなっている。その反面、2段目が空中ヒットした際に喰らい判定が残らなくなった。弱は3ヒットで強は4ヒット。相変わらずガードされると反撃確定だが強のほうが少しはマシ。1~2段目に下段無敵があるぞ。

 急降下爆弾パンチ(地上)急降下爆弾パンチ(空中)はガードされた際の相手ののけぞりが若干長くなったため、手痛い反撃は受けにくくなった。急降下爆弾パンチ(地上)の飛び上がりに判定があるが横に少し強くなっていて、弱ならばリバーサル等で対空に使えるほか牽制潰しにまで使えるようになった。

 バルカンパンチは判定が強く広くなった代わりに前に進むスピードが異常に遅くなった。

 低空ラルフキックは飛び上がらずリーチの短いラルフキックで下段判定。跳ぶ寸前に無敵時間がある。「低空」とはいえ背は高めなので一部キャラのスライディングのような対空にはあまり向かないし、ラルフキックとの2択なんてことももちろん無理で、先端を上手く当てない限りガードされると反撃確定。アテナのサイコボールアタックなどの高めの飛び道具を潜ることができるが、あまり意味はないだろう。
 ラルフキックは中段判定になったこと以外に変化はない。判定が前方向に強く、出掛かりの背が低いので一部の技を避けられるのも相変わらずで、先端を当てれば隙がない。

 スーパーアルゼンチンバックブリーカーは出が非常に遅くなり連続技にできなくなったが、上半身にガードポイントが付いた。前作まで大門が持っていた「嵐の山」のノーゲージ版と考えていいだろう。

 アンブロックは単発で出すと洒落にならないほど出が遅いが、ダメージが高くガード不能。キャンセルで出すとその全てが逆転し、小技からつながるほど早くなるが威力は下がってガード可能になる。ガードされると隙がある。またキャンセルした強のみラルフキックでキャンセル可能。

 バリバリバルカンパンチはヒット数が7ヒットへ大幅に少なくなったため、後ろに行かれたときの隙が減り、1~2段目のリーチが大幅に長くなった。だが1段目の判定が弱くなったので相打ちしやすい。また1~2段目はガトリングアタックの1~2段目と同様に判定が下に広くなった反面、2段目は判定を残さない。

 馬乗りバルカンパンチはほんの少しだけ出が遅くなっている。またフィニッシュ後に相手のふっとびが大きくなり、ダウン時間が短くなった。無敵判定は一瞬しかない。

 ギャラクティカファントムは出が尋常でないほど遅いが、当たれば大ダメージを与えるガード不能技。ガードポイントが突進中にしかない代わりに出が早くなったが、相変わらず使えるレベルではない。起き上がりに重ねる、という手があるが、馬乗りバルカンパンチの性能変化でここからはできなくなった。だがアンブロックからのアンブロックギャラクティカファントムでスリル満点連係は健在。それとカウンターヒットしたときの即死確定はなくなり、カウンターワイヤーは健在。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP