KOF攻略
 対空技という対空技がないラルフ。攻め込まれてしまったらガーキャンCDなどで手堅く間合いを離していこう。

 まずはラルフの代名詞といっていい遠立Cを先端が当たる程度の距離で振り回そう。J防止としてそこそこ使いやすい。そして屈Cや遠立Dを牽制として振り回していく。屈Cを当てた際に、たまに急降下爆弾パンチ(地上)ラルフキックなどにキャンセルするのもいい。また屈CがヒットしたらCA、ということも可能だぞ。

 前作まで強力だったスーパーアルゼンチンバックブリーカーのスカシ投げが、スーパーアルゼンチンバックブリーカーの弱体化によってできなくなったので、スカシ投げはダイナマイトヘッドバットに変更したほうがいいかも知れない。その代わりにスーパーアルゼンチンバックブリーカーは起き上がりに重ねるのが強力だ。相手がリバーサルで出した超必殺技やCAをガードしつつ投げられる。また隙の少ない突進技をガードしつつ投げる、なんてことも可能だ。また技が終わった後にすぐ走ると相手の起き上がりに間に合うので、投げと打撃の2択を迫れるぞ。

 J攻撃はふっとばし攻撃がなくなったのが非常に痛い。だがJA・JB・垂直JDは空対空としてなかなかの性能を誇り、JB・JC・JDは飛び込みとしてそこそこ使い勝手がいいので、空中ふっとばし攻撃のないジャンプにも慣れていこう。

 スカシ投げをダイナマイトヘッドバットにすることでマイナス面だけが増えるわけではない。ダイナマイトヘッドバットはちょうどラルフキックの先端が当たる距離に吹っ飛ばすので、投げるときは画面端方向でないほうに投げ、ラルフキックで牽制かつ近づくということが可能だ。ただしやりすぎると一部の超必殺技で迎撃される恐れもあるので注意。それとラルフの近立強攻撃はどちらも位置が高いので、相手がジャンプで避けたときも通常技が当たってくれる。

 自分の起き上がりに相手が目の前にいる場合、打撃技を重ねてくる相手への超必殺技(どちらでもいいがバリバリバルカンパンチが無難)やスーパーアルゼンチンバックブリーカー、ガードしている相手へのスーパーアルゼンチンバックブリーカー、ジャンプする相手への弱急降下爆弾パンチ(空中)と、3択を迫ることができる。

 博打が好きなあなたは対空でバリバリバルカンパンチを使おう。無敵で相手のJ攻撃をかわし、着地の硬直に1段目を当てるようにしなければ失敗。どう失敗しても反撃パラダイスだが、当たれば一発逆転を狙える。

 またCAは横方向へのリーチが異常に長く出が早い。反撃技として重宝するぞ。紅丸の弱反動三段蹴りをガードした後にも反撃可能。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP