KOF攻略
 ちづるの双子の姉の幻影。基本的にはちづるよりも高性能で、強力な技の数々を持っている。

 基本的に通常技はちづるのものと同じ。遠立Cはちづるの錚錚と同じような技で、出が遅いがリーチが長くキャンセル可能だ。屈Dはちづるの淙淙のような技で、リーチの長いスライディング。ダウンはせず、キャンセル不能だ。JCは判定が横に出ているため空対空に向いていて、JAは飛び込みに向いている。

 除活・蔽蔽は2段ヒットで2段とも浮かせ判定がある。モーションはちづるの遠立Cと同じだ。
 除活・幣幣はちづるの遠立Dのモーションの2段技。強攻撃からでは1段目が当たらずつながらない。
 除活・箆箆はスライディングから裏拳の2段技で、連続技のお供となる。

 裏面百活・神祗の理は分身を飛ばす対空技。全身無敵で非常に判定が強い。ヒットすると自動で追加攻撃が出るぞ。

 裏面弐百拾弐活・御神楽の誄詞は分身を飛ばし、ヒットすると乱舞する。相手をロックせず、空中に当たったときは隙だらけ。4段目で相手をふっとばし、ダウン中に攻撃をするが、ダウン回避されると反撃確定だ。

 裏面弐百拾弐活・御神楽の詔刀言は本体が相手に突進する技。ヒットするとダウン回避不能で、ガードされてもほとんど隙がない。
 弐百拾弐活・丙式 足魂の警蹕は分身を飛ばすだけのフェイント。

 弐百拾弐活・丙式 榊の切麻は全身無敵の移動技。終わり際に隙があるぞ。

 弐百拾弐活・甲式 神籬の霊璽は相手を飛び越え、裏から蹴りを繰り出す技。蹴りの判定は非常に強いが、無敵時間が攻撃判定発生直前に消えてしまう。

 弐百拾弐活・甲式 磐境の産土は分身が低空から急降下して攻撃する技。リーチが非常に長く、出が遅く弾速の高い飛び道具のつもりで使っていいだろう。

 裏面百八活・五百箇の楽は全身無敵で移動した後に中段判定の玉響の瑟音で攻撃する技。弱では1回、強では2回移動する。

 九拾四活・洛水の神亀は投げ間合いが非常に広く、威力の高い1フレーム投げ。成立すると相手の通常技以外を全て封じる。投げスカリモーションが異常に大きいのが難点だ。

 裏面八拾五活・零技の礎はちづるを呼び出して相手の技を封じる技。出が遅く、ほぼ使い物にならない。

 裏面壱活・三籟の布陣はちづるのものと違い、分身が攻撃している間も本体が動くことができる。ヒット時、相手は浮いている状態なので追撃は一度だけだ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP