KOF攻略
 KOF2002のクローン京とそっくりだが性能面で見ると大きく違い、かなり弱体化している。しかし京とは(同一の技での)大きな違いは見受けられない。

 遠立Cはキャンセル可能だが空キャンセルがない今作では使いどころが激減。投げキャラの起き上がりに対して重ね、百八式・闇払いにキャンセルするぐらいのものだろう。近立Cは京のものより出が遅い。全体から見れば一般的な早さだろう。J攻撃は京のものと一切変わらない。JDは遠距離での、JB・JCは近距離での飛び込みに。

 外式・轟斧 陽は単発でも2段技。2段目が中段技となっている。キャンセルしても何もつながらないので使わないのが無難。
 八拾八式は京のものよりもリーチが長くのけぞりが長め。普通に使っていける。
 外式・奈落落としは裏まわり性能がある。空中ヒットするとダウン回避不能。

 百八式・闇払いは地を這う飛び道具。判定が低くK’の弱ミニッツスパイクでも飛び越えられる。また威力がかなり低い。

 七拾五式・改は基本的に強のみ追撃が可能。弱は見た目こそ浮いてはいるが追撃はできない。ただし単発の2段目のみを当てた後か密着で単発を当てたときのみ追撃できるが全く意味がない。強はヒット・ガード関わらずディレイをかけ、弱はかけないようにしよう。

 九百拾式・鵺摘みは地上通常技にのみ成立する当て身打撃技。成功すると、攻撃が当たった位置によって別の技に派生する。

 百式・鬼焼きは強のみ出掛かりの肩にガードポイントがある。他は京のものと全く変わらないがSCはかからない。

 百壱式・朧車は斜め上に相手を蹴り上げる技。弱は回し蹴りを一度、強は回し蹴りを二度からかかと落としで叩き落す。弱は技後の硬直が激増したが、強は特に変化がなくダウン回避不能。画面中央での七拾五式・改からの追撃の際は少しダッシュしないと安定しない。

 弐百拾弐式・琴月 陽はガードされたときに2段目が出ないようになったために反撃確定。強七拾五式・改からの追撃の際には前作よりもワンテンポ遅く出さないと2段目がヒットしないので注意。ヒット時はダウン回避不能だ。

 裏百八式・大蛇薙外式・轟斧 陽からつながらない上、連続技にするとダメージ補正がかかる。七拾五式・改から百壱式・朧車ができないうちの一時しのぎ程度にしか使わないほうがいい。

 リーダー版裏百八式・MAX版大蛇薙は技が完全に終わるまで常に全身が無敵で飛び道具判定。ムカイのリーダー超必殺技をもかき消す。溜め中も含めフルヒットさせると7割以上与えるほど威力が高い。他のキャラのCA地上ヒット後や対空など、使う局面はかなりあるだろうが、ダメージ補正がかかるので連続技で使うにはもったいないかも。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP