KOF攻略
 今作のキムは必殺技に変更が多い。しかし強化はごく一部で、弱体化しているところがほとんどだ。

 まずCAが食らい判定のない相手にヒットする。交代しても構わないときは、各種技からの追撃として使っていけるぞ。

 近立Bは2ヒットするうえキャンセルできる。だがここからつながる技がほとんどないので使う機会が減ってしまった。近立Cも同じような技なのでこちらに頼ろう。遠立Bは牽制・J防止技としてそこそこの性能だが、やや弱体化しているので三連撃1段目のほうがお薦め。JA・JCは飛び込みとして強く、どちらも裏まわり性能がある。

 ねりチャギは中段技。モーションが大きく見切られやすいが、相手のガードを揺さぶる程度になら使える。また強攻撃からキャンセルしてもつながらないが、弱半月斬でキャンセルするなど連係程度になら使えるだろう。

 飛翔脚はKOF2001以前のものに逆戻り。コマンドは餓狼伝説時代に戻っている。ジャンプの軌道を変えたり裏まわりに使ったりと活躍するが、コマンドが変わっている上に相手を飛び越えてから出すと相手方向に降りてしまう。これによって裏まわりが難しく避けられやすくなってしまった。だがそれを逆利用して裏々まわり、ということも不可能ではないぞ。

 覇気脚は下段技で弱のみ鳳凰脚でSC可能。ゲージがないときにSCすることによって硬直をなくすこと(通称:ハキキャン)ができていたが、鳳凰脚の簡略コマンドができなくなったため難しくなった。とはいえ不可能ではないので積極的に狙っていきたいところ。それ以外の使い道はあまりない。

 半月斬は中間距離で使うと、強の3段目が届かず反撃確定になった。弱は1ヒットのみで硬直がほとんどないがダウンを奪えない。強は先読み気味の小Jに対する対空、弱は対地に。

 飛燕斬は弱は出が早く上方向に強い。対して強は3ヒット中の2、3段目が横~斜め上方向に強い。状況によって使い分けていこう。強はキムが飛燕斬 追い打ちを出す位置が高くなり、空振ったときに地上の相手にガードさせるようなことがほぼ無理になった。また飛燕斬 追い打ち後の降下スピードが恐ろしく遅くなったのでヒットしたとき以外は出さないようにしよう。弱は若干だが判定が小さくなった代わり判定が強くなった。

 三連撃は3段目が弱はねりチャギで中段に、強で出せば空砂塵になる。1段目を当たらない程度の距離で出せば牽制や中J防止技として強い。3発目の2段目はSC対応で強弱とも鳳凰脚がつながるが、強は密着からでないと安定せず弱は2段目からがつながらない。またガードクラッシュ値が異常に高い。ガードさせてプレッシャーを与えていこう。
 三空撃はコマンドがBのみになったことに注意。また3段目が安定しなくなり、中央では密着で小技1回キャンセルでのみつながる。2・3段目の隙が増えてガードされると反撃確定。

 流星落も復活。しかしスライディング部分のスピードが下がって使いにくい。またスライディングからねりチャギ部分がつながらないようになっていて、1段目がヒットしても反撃される恐れがある。

 鳳凰脚は小技からつながらなくなってしまったが、割り込みや連続技にと多方面で使える。また空中でも出せるので空対空としても使えるが、低空では出せないようになっているので難しいところ。空中版は大Jで飛び道具を避けながら、という感じで使おう。

 鳳凰飛天脚はダメージが低めだが相手を浮かすことができる技。無敵時間は相変わらずあるが出が遅くなり、小技からつながらない。おまけに硬直まで増えてしまったので、対空技としても信頼できるとは言えない。強は真上、弱は斜め上に浮かす。

 秘伝鳳凰脚は空中では出せないこと以外に鳳凰脚と大きな性能の差はない。威力が高いがダウン回避可能。またフィニッシュ後は相手に喰らい判定が残るので、様々な技で追撃でき、威力が高いので積極的に狙っていきたいところ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP