KOF攻略
 弱体化が激しいキャラの1人だが、相変わらず中間距離では強さを発揮し、特に問題なく戦える。

 遠立C・遠立Dは信用のおける牽制技。遠立Dはジャンプ防止技として振っていける上、出が早くなっている。また遠立A・遠立Bも強く、遠立Bはキャンセル可能。ローキックハリケーンアッパーを出すといい感じだ。これらの出とリーチを考えてボタンを選ぼう。JCは空対空として使えなくはないがJAのほうがいいかもしれない。JDは飛び込みの基本技。座高の高い相手ならば小Jで中段になる。

 スライディングは下段判定で先端を当てれば隙がない。姿勢が高いのがネックだが、起き上がりに重ねるなど使いどころは多い。
 ローキックは連続技のお供。強攻撃からは必ずキャンセルしよう。

 ハリケーンアッパーは例年通り、キャラ1人程度の飛び道具を出すが端まで届かない。弱の出が早くなっているので隙の少ない無難な連続技ができた。強は出が遅めで強攻撃からつながらない。2段目のスピードがアップしているが出が遅くなっていて、位置によっては連続ヒットしなくなった。強の2段目のみダウンする。相手によっては大Jにも当たるので、牽制技として重宝するぞ。

 スラッシュキックは突進技だが隙が多いので、単発ではあまり使わないほうがいい。連続技専用として使っていこう。

 タイガーキックは前作同様、少々使いにくい対空技。ヒザ部分にしか判定がなく、かなり引きつけないと一方的に負けてしまう。しかし判定は強いのでしっかりしたタイミングに出せば強力。

 黄金のカカトの弱は隙が激増し、ヒットしても反撃されることがある。前作のように牽制技のノリでは決して使えない。強は変わり映えなく隙が少ない。空中ヒット時はJDなどで追撃可能だ。

 爆裂拳爆裂フィニッシュにつなぎにくくなった上、ガードされた後の隙が激増。強の進むスピードがアップしたので全段ガードさせられるが、反撃は確定だ。
 爆裂フィニッシュは弱の出が遅くなり、ガードされると反撃確定なほど隙が増えた。弱は中段、強は下段判定の技。弱のみSCに対応している。

 スクリューアッパーは空中ヒットすると真上に浮くため、カス当たりしなくなった。弱は出が早く弱攻撃からつながり、強は少しだけ出掛かりに無敵時間がある。先読み気味の対空、強で割り込み、連続技に使っていこう。

 爆裂ハリケーンタイガーカカトは移動スピードが速く出が早いので反撃技として使おう。威力が低いので連続技には向いていない。ガードされると反撃確定だがなかなかケズる。

 史上最強の爆裂ストレートは少し溜めてその場でストレートパンチ(遠立Cによく似ている)を繰り出す技。出掛かりの上半身にガードポイントがありガード不能。連続技にはできないが、ラルフのギャラクティカファントムよりは出が早く使いやすい。早めに出せば対空技として機能するし、割り込みとしても使える。威力はそこそこ高いが、隙があまりに大きいので緊急回避されないように注意。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP