KOF攻略
 やはり構えと通常状態を上手く使い分け、守りと攻めを両立させる戦法は変わらない。危なくなったらDボタンを押すことを常に頭に入れておくようにしよう。それと表構えは意味があるのかというほど使いにくい技ばかり。ここでは主に裏構えを中心とした攻略をする。

 小技から狙鷲撃につなぐ連続技は非常に便利なものだが、自動で表構えになってしまうのが玉に瑕。すぐに裏構えに切り替えてしまおう。この方法や遠距離~中間距離で猟虎陣移行動作をとり構えたら襲虎撃の先端を当てるように近づき、飛虎撃猛虎撃の2択を迫っていくだけで十分戦える。ただ割り込みや緊急回避を警戒して、キリがよくなったら通常状態に戻ったほうがいい。
 通常状態では基本攻略で挙げた牽制技で畳み掛けてしまう。そしてたまに屈Dキャンセルから猟虎陣移行動作で構え…と、ただこれだけでも強力だ。あとは使用者の読み合いなどの腕にかかっているぞ。

 逆にこちらが攻め込まれた場合、頼れる対空技のないジョンでは厳しい。ゲージを惜しまずガーキャンCDを出していこう。またリバーサルもどうしようもないので無難にしっかりガード。もちろん相手が投げキャラならジャンプも必要だ。

 またジョンは数多くの連係・引っ掛けが売り。ここで2つ紹介しよう。まず「表構え中の各種技or(強排氣撃~弱排氣撃)or(屈D~弱排氣撃)からの弧鷲破」。相手にガードクラッシュ値をごっそりと与える強力連係だ。わかっていても割り込みしにくいだろう。
 「裏構え中各種技から裏~表・切り替え攻撃」もいやらしい。両方とも、相手が反撃してきそうなタイミングで割り込むように出すのが基本だぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP