KOF攻略
 餓狼MOWから参戦したグリフォンマスク。コマンド以外にはさほど大きな変化はない。

 屈A・立ちAは恐ろしいまでに使いやすい。牽制、連続技に。屈Cは判定こそ強くないものの、ジャンプ防止技としてはかなりの性能。牽制に絡ませて使おう。立ちCは出が遅いがリーチが長くキャンセル可能。屈Dは先端を当てれば牽制技として活躍する。JDは反則的なリーチ。先端を当てるように使おう。JCは飛び込みに。裏まわりも狙えるが判定は弱い。JA・JBは空対空ではなかなかの強さだ。

 グリドロスーパーキックはリーチが恐ろしく長いが、それが反って首を絞めていて、先端を当てない限り隙がかなりある。ガードクラッシュ値が非常に高く、連続で3回ガードさせればガードクラッシュするぞ。
 上段避け攻撃は出掛かりの上半身が無敵でガードされても隙はない。急ぎの対空、牽制に。しっかり対処されるまでは使いすぎるぐらいでよい。

 オリンポスオーバーはボディプレス。中段技で判定が強いが隙が多い。上手く先端を当てることができるならほとんど隙はないが、大振りで使いにくい技だ。

 ポセイドンウェイブは弱は密着で小技からつながるほど出が早い。強は隙が少なく、出掛かりに大きく後退するので当て身のような感覚でも使えるぞ。

 ヘラクレスルーは出が遅い投げ技。ワイヤーダメージのように相手が跳ね返り追撃可能だが、特に無敵時間などはなく使いにくい。

 ジャスティスハリケーンは4フレーム投げ。無敵時間などはなく、発生までは無防備。しかし小技からつながり、威力は高い。弱は投げ間合いが広く、技後は相手の近くにいるので起き攻めしやすい。対して強は威力が高い。投げスカリモーションが非常に長く、実に2秒近く固まっている。

 イカロスクラッシュは空中投げ。空対空で使えるような代物ではない。空振ると垂直に落ちる。

 アクティブテュポーンは大きく飛び上がり、相手の頭を掴む投げ技。弱は突進技を、強は飛び道具を避けながら投げることも可能。

 グリフォールは上手くやらないとダウン回避可能になってしまったり当たらなかったりするので注意。屈D・オリンポスオーバーポセイドンウェイブが対応している。

 ビッグフォールグリフォンは1フレーム投げ。威力がかなり高い。

 ダイダロスアタックは強攻撃からつながる中段技。空中ヒットしても3段目はほぼ確定で無敵時間が長いので、対空技としてもそれなりに優秀。どこでも判定なので喰らい判定のない相手にもヒットするぞ。

 リーダー版ビッグフォールグリフォンは非常に出の遅い投げ技。判定発生まで完全無敵なので割り込みとして使うのが基本。威力がおかしいほど高い。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP