KOF攻略
 本作では間違いなく最強キャラ。高性能な必殺技と反則的な連続技が光るぞ。

 ジャンプ軌道が無意味に高いが大してする必要もなく、攻撃力が低いが連続技でカバー、ゲージ回収が容易なのでCA地上ヒットを絡めた連続技からデュオロン、デュオロンからCAでリーダー、というようにつなげば手軽でローリスクに即死・瀕死連続技も作れる。
 遠立Bは出が早くリーチが長く隙が皆無、とパーフェクトな牽制技。使いすぎなぐらい振っていっていい。屈Bは連打キャンセルが利き、キャンセルがかかる。連続技は全てここからつないでいこう。遠立Dは出が遅いとはいえ、出てしまえば判定は強くリーチが長い。適度に振り回せばいやらしいだろう。JBは裏まわりが可能で使いやすい。JDは裏まわらないときの飛び込みに。

 風架纏絲と派生の雷架纏絲は強攻撃からつながる下段技。距離が離れ使いやすいが使う必要はない。
 飛架纏絲は斜め通常・大JDが当たったときにBで成立する特殊技で空中でも連続ヒットする。一番無難で隙が少ない追い撃ち技だ。

 幻無脚・内牙は地面から蹴りを繰り出す技。強は弱よりもより遠くへ蹴りを出す。本体は無防備だが時間が少ないので割り込まれにくい。
 幻無脚・外牙幻無脚・内牙とほぼ同じ技。蹴りよりも内側に相手がいる場合のみ、内側に蹴りが出る。弱の喰らい判定は途中で消えてしまうので注意が必要。幻無脚・内牙ともども捨己從竜をガードされたときの隙消しや牽制技として使いやすい。

 飛毛脚は無敵時間の発生が早い移動技。終わり際に若干の隙がある。捨己從竜3段目や追撃の近立Cからのキャンセルなど、様々な場面で大活躍するが使いすぎに注意。

 幻魔飛翔軽功は地上から消滅して上方から多段の蹴りを繰り出す技。消えるときは無防備で、ガードされるとほとんど五分。強弱で出てくる位置を変えられるが対処されやすいので注意しよう。

 推手・魔脚歩は発生の遅いコマンド投げで、地上連続技で追撃可能。
 推手・乱採鬼推手・魔脚歩の立ち位置を変更する追加技だが間合いが離れてしまうので、わざわざ使うこともないだろう。

 捨己從竜は屈Bからの連続技として強力。3段目のみ一部の必殺技にキャンセルできるほか、SCにも対応している。2段目のリーチが短く届かないことがあるが最速で出せば1段目から3段目が直接連続ヒットする。ガードされたら3段目まで出し切ってしまい、必要に応じてキャンセルしていこう。またゲージが非常に溜まりやすいのでこれを数セットガードさせるだけでどんどん溜まっていくぞ。
 怨閉竜身把捨己從竜の1段目からのみ出せる派生技。リーチが短く当たりにくいが一部の必殺技でキャンセル可能。
 死両發生斤怨閉竜身把よりもリーチがさらに短い。ヒットすると長時間、地上でのけぞらせるので屈B等で追撃可能。これらのコマンドに慣れて使い分けをし、追撃をものにするのがとても重要。

 秘伝・幻夢呪怨死魂は出が遅い飛び道具。弱は弾速が非常に遅く、強は早い。SCからつながる。

 秘伝・幻夢怨霊壁は全身に飛び道具をまとう技。ヒット数が多く、相手のゲージを溜めやすいのが難点で、空中ヒットすると4ヒット前後で終わってしまうのがこれまた難点。しかし無敵時間が長めで出が早く、隙も多くはないのがいい感じ。

 奥義・多重幻夢暗勁は一定時間分身して、分身が少し遅れて本体の攻撃を繰り返す技。この間に分身のJDと本体の屈Bを同時に当てて事実上ガード不能にすることが可能で、屈Bキャンセル捨己從竜(1段目)を繰り返せば永久連続技まで可能だ。だがデュオロンのキャラ特性から考えると他のキャラをリーダーにするのがいいような悪いような。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP