KOF攻略
 多くのキャラが弱体化する中、弱体化よりも強化のほうが多い大門。もはや死角はないと言ってもいいだろう。

 大門の通常技は相も変わらず強いものが多い。遠立Bは相手がしゃがんでいても当たる牽制技。キャンセルできなくなったが、判定威力とも強い。遠立Pと遠立DはJ防止技として超がつくほど強力。足元が無防備なので当たらない程度の距離で振り回そう。JDは飛び込みとして強く、昇りジャンプで出せば中段技としても機能。JPは大Jで出せば空対空としてそこそこの性能だ。

 頭上払いは足元から真上へ、常に強力な判定が出続ける。少し早めに出して対空技にしたり、地上での牽制兼J防止と大活躍。

 地雷震は弱で画面全体の地面に下段判定を出して相手を転ばし、強でフェイントをする。強からの迎撃を警戒してジャンプせずに無難にガードする相手が多いが、ガードさせるとのけぞるようになったので今まで以上に隙が少ない。屈攻撃やスライディング等を出している相手には効かないので注意。

 超受け身は距離の短い移動技だが移動距離が激増。隙が少なく強力だがもちろん終わり際に隙はある。

 雲つかみ投げは基本的に空中のみに判定がある打撃技。ゲームスピードが上がっているため前作以上に先読みでないと対空技としては機能しない。隙が多いのでちらつかせも極力少なくしよう。ヒット時はダウン回避不能で威力が高い。また背の高い相手が目の前にいると地上にも当たるのは相変わらず。

 切り株返しは足払いなどに合わせれば打ち勝つことができるが、空振り時の隙が大きめなので連続技専用として使っていこう。

 天地返しは1フレーム投げで技後の硬直が減少。相手端のみ、雲つかみ投げでのダウン追撃が確定。超大外刈りと状況によって使い分けよう。

 超大外刈りは判定が出るまで無敵時間がある、出が遅めの投げ技。相手の起き上がりに重ねれば無敵技も投げ技もお構いなしに掴む。上手くタイミングを合わせれば突進技なども手軽に投げることができるぞ。

 地獄極楽落としは相変わらず威力が高い1フレーム投げ。主力のダメージ源として活躍するだろう。

 冥土落としは前作まであった根っこ返しの代わりとして使用する当て身技。ゲージを使う代償に使いやすく威力がそこそこ高い。判定はすぐには出ず、すぐ消える。引きつけすぎたり早すぎると失敗するが判定の発生まで無敵時間があり隙も多くはないので、早すぎなければ手痛い反撃は受けないだろう。全身が当て身判定になるうえコマンドが簡単なので、相手の攻撃を見てからでも容易に成立させられるぞ。

 極大地獄極楽落としは前作までのMAX版地獄極楽落としと同じ1フレーム投げだがモーションが変わっている。モーションは「まだ!?」ってぐらい長く威力はすさまじい。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP