KOF攻略
 特に変更点は見られないクラーク。今までどおり、強力な投げを軸に相手を攻めていこう。

 屈C・遠立Cは牽制技として活躍する。適度に振っていこう。近立Cは1段目のみキャンセル可能な2段技だが、たまに2段目にキャンセルがかかる。何故かは不明。JDは判定が上に向いていて強力な空対空。若干出が遅くなったが判定の強さは変わらない。JAは飛び込みとして強い。空中ふっとばし攻撃がないのが厳しいが、この2つを何とか使い分けていこう。

 ストンピングは近立Cキャンセルからマウントタックルにつながらなくなってしまい、またも使い道がなくなってしまった。

 スーパーアルゼンチンバックブリーカーは1フレーム投げ。威力が下がっているのが難点だが強さは変わらず。ヒット確認をしっかり取って、連続技に入れていこう。

 ナパームストレッチは空中にのみヒットするガード不能技。空振ったときの隙が多く使いにくいが、弱で先読み気味に出せば対空技として十分に機能する。

 フランケンシュタイナーは打撃無敵のある出の遅い投げ技で、発生がちょっとだけ早くなった。対空などにも使うことは可能。相変わらずアテナのシャイニングクリスタルビットなども掴むことが可能だ。投げ間合いが短いので、スーパーアルゼンチンバックブリーカーと上手く使い分けよう。弱のほうが出が早く、強のほうが無敵が長いぞ。

 シャイニング・ウィザードは相手がしゃがんでいるときのみ成立する投げ技。あくまで投げなので中段技としては使いにくかったりする。空振っても隙がほとんどないので移動手段としても使える。

 マウントタックルは名前どおりの打撃技。ガードされると隙が多く、少々使いにくい。派生技は相手に同じボタンを押されてしまうと外れてしまうので注意が必要だ。

 フラッシングエルボースーパーアルゼンチンバックブリーカーナパームストレッチフランケンシュタイナーリバースD.D.Tの追加技。技後は相手の目の前で先に立ち上がるので起き攻めに移行できるのがいいところ。フラッシングエルボーを出すことができる技は積極的に狙っていこう。

 ウルトラアルゼンチンバックブリーカースーパーアルゼンチンバックブリーカーの強化版。「おまけ」程度に狙っていくのが吉。

 ランニングスリーは移動投げ。出掛かりに無敵時間があり、割り込みに使えないことはないがウルトラアルゼンチンバックブリーカーで代用できるので無理に使う必要がない。例年通り、かなり使いにくい技だ。

 リーダー版ウルトラアルゼンチンバックブリーカーは威力が非常に高い。様々な局面で積極的に狙っていきたい技だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP