KOF攻略
 色々と変更点があり、パワーよりもテクで相手を潰す、といった戦法になる今作のチャン。今までよりも使っていて楽しくなるのではないだろうか。

 屈Cは上に向いていて対空技として使えそうだが出が遅く隙が多いので、鉄球大回転の準備技として考えたほうがいい。立ちAは強力な牽制技。J防止を主として振っていこう。屈Aは連打キャンセルが簡単になった。とはいえかなり特殊なタイミングなので慣れないと厳しい。連続技のお供として使っていく。JCは遠距離、JB・JDは近距離の飛び込みとして優秀だ。空対空はJA・JBで。

 ひき逃げはヘッドスライディングとはいえ、そこはやはりチャン。背が高く、相当高い飛び道具でない限り抜けられない。ヒットすればダウンを奪えるが、相手次第では先端を当てても隙が出る。
 ぶっとばしは前作までの空中ふっとばし攻撃。しかし出が遅い上に判定が弱く、おまけにコマンドが変わっていて、驚異的な強さとは言えない。中段判定なのでバックステップ中に出せば安全な中段技として機能するぞ。

 鉄球粉砕撃は変わらず。背中にガードポイントがあり、弱より強のリーチが長い。強は溜め時間が長いが、回している鉄球に攻撃判定がある。

 鉄球大回転はABCD同時押しで途中キャンセル可能だが、技後の隙が増加したためガード直後に止めると反撃される。移動速度が目を見張るほど速くなっているので、少し離れてからキャンセルすれば隙を軽減できる。それだけではバレるのでたまには前にも進んでみたり、ということが重要だ。

 鉄球大撲殺は必殺技に格下げ。鉄球を振り下ろすまでは腹にガードポイントがあり、弱は1回、強は3回殴りつける。ダウン中にヒット、中段判定というオプションがあるもののこれといった意味はない。

 大破壊投げは演出が短くなったこと以外変化はない。投げ間合いが広い1フレーム投げだ。

 鉄球大暴走は出が遅いが長い無敵時間がある乱舞技。モーションが単一になり、浮かせることはなくなった。またガード時の打撃無敵判定は消滅。反撃確定だ。それと何気に移動距離が短くなっている。

 鉄球大粉砕鉄球粉砕撃の強化版。出が早く小技からつながり、ガードされても隙はない。ただし威力が低めで無敵時間はないと思っていいほど短い。ケズリもそこそこなので反撃技としても使える。また暗転直後に短いガードポイントがあるぞ。

 鉄球大圧殺は前作までのものとはまた違う性能だ。出は非常に早く、横向きに跳んで頭突きをする。根元に当たったときのみ下降中の腹に当たるが、これが当たらないとダウン回避され反撃確定。1段目でトドメを刺しておきたいところだ。対空・割り込み・反撃にと大活躍するぞ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP