KOF攻略
 大回転蹴りの弱体化が戦い方を大きく変えてしまう今作のビリーだが、屈Aに変化がないことと飛翔棍の追加で前作と同等の立ち回りは可能。

 ビリーが得意な遠距離で活躍するのはやはり屈A。割り込みに気をつけて振っていこう。また雀落としをたまに空振りしておけば、相手に恐怖心を与えてジャンプをある程度封じることができる。隙が多いのを逆手にとって連発すると当たることも多いぞ。

 相手が動かなくなってきたらこちらのものだ。棒高跳び蹴り飛翔棍、JCなどで間合いを詰め、J攻撃と屈Bなどで一気に攻めていこう。またあまり使う機会はないだろうが、近距離での牽制技として遠立Bがなかなか使い勝手がいい。

 J攻撃は空中ふっとばし攻撃がなくなったことで無難なものがなくなったが、飛翔棍で代用できなくもない。またJA・JC・JDがそこそこ使いやすいので、これらを使ったジャンプに慣れていこう。

 リバーサルは無難にガードや緊急回避をすることしかできなさそうだ。飛翔棍もいいが、やりすぎは危険。

 起き攻めも特にやることがない(飛翔棍の出が遅く見切られやすい上、コマンド投げもない)ので、間合いを離して体勢を立て直すのが無難かも。そもそもダウンを奪う機会が滅多にないので、あまり気にすることはないのだが。

 また画面端で強襲飛翔棍を当てた際、追撃として屈Cを当て、キャンセルで飛翔棍を出せば、飛翔棍の終わり際がちょうど相手の着地直後に重なる。ヒットすればもちろん連続技を入れることになるのだが、問題となるのはガードされた場合。こちらが若干早く動けることが多いが高確率で相手が反撃してくる(そのうえ先行入力がないため通常技を出す)と思われるので、当て身(主に水龍追撃棍)を出せば成功することが多い。当て身が成立し、地上ヒットしていたら大旋風旋空殺棍にSCをかけて大ダメージを奪おう。また当て身を意識させた後は一本釣り投げも有効だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP