KOF攻略
 今作では珍しい、ほとんど弱体化のないキャラ。強力な通常技とパワーアップした必殺技で暴れ回ろう。

 遠立Bはリーチ・発生・打点のどれもが優れたJ防止技。見てから出しても当てることができる。遠立Dは下段無敵の強力な牽制技。打点が低いので足払いを避けながら攻撃することが容易。屈Bは連打キャンセルが利き、キャンセルも可能。背が低いので相手のJ攻撃を避けながら連続技が入る凶悪な技だ。JDは下に対する判定が非常に強く、裏まわり性能が高い。飛び込みはこれだけでOK。JCは横に対する判定が強力。相手のJ軌道に合わせ、中・大Jで出せば負けることがほとんどない。

 ジャックナイフキックは単発でもキャンセル可能だが出が遅く、強攻撃からもつながらない。
 フライングドリルは斜め下に回転しながら落ちる多段技。あまり意味はないが反撃・迎撃はされにくいぞ。

 居合い蹴りは弱攻撃からつながる。強のほうが若干リーチが長いが、追加技の反動三段蹴りのリーチが短く、弱居合い蹴りが当たっても確定ではない。
 反動三段蹴りは隙が激減。弱ならガードさせてもまず反撃されることはないだろう。1段目がSCに対応していて、無難に大ダメージを奪える。

 真空片手駒は弱で3ヒット、強で6ヒット。3段目がSCに対応している。強でもフルヒットするようになったが、相手の正面に当てるとほんの少しずつのけぞってしまうためロックが外れることがある。

 雷靭拳は強で斜め上、弱で正面に電気を宿した拳を突き出す技。牽制に使えるが足元が無防備なのでスライディング系の技がある相手キャラには注意しよう。空中で出すと一定時間停滞し、技後は少し前方向に降りる。対空技を潰したりすのに使えるぞ。

 雷鳴刀は前方に雷をまとい、突進する技。ボタンを押しっぱなしにすることで溜めることができる。早めに出せば飛び道具を消すことができるぞ。弱が強攻撃からつながり隙が少ないのでこちらを連続技や遠距離での対空、反撃に使おう。

 雷光拳は雷靭拳の強化版。弱攻撃からつなぐことが可能だ。連続技や近距離での反撃に。また早めに強を出せば対空技としても役立つぞ。

 幻影ハリケーンは移動スピード以外の見た目は変わっていないが性能は大きく変化。まず幻影は飛び道具判定になっていて相打ちしないようになったが、飛び道具と相殺するとガード時同様続きが出ない。またガード時は出した位置で止まるので、目の前でない限り隙はない。それと無敵時間はなくなっているぞ。連続技・反撃・遠距離での割り込みに使おう。

 リーダー版雷光拳は長い無敵時間がある。判定が小さくなっているため空中ヒットするとカス当たりしやすいが、真上に浮かすので続きがヒットして隙はない。威力が高く、対空・割り込み・連続技などに大活躍だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP