KOF攻略
 必殺技のほとんどがガイル(正確にはストⅢのレミー)そのもの。特殊技も似たようなものが揃っているので使ったことのある人にはそれなりに使いやすいと思われる。

 屈Cは強力な対空技。ニヴォースが間に合わないときに使っていこう。屈Dは反則的に隙がない下段技。困ったときはとりあえず出す、というぐらい多用していいだろう。JDは飛び込みとして強く、JB・JCは空対空で強い。J強攻撃には裏まわり性能が付いている。

 通常技では牽制できないので、特殊技で代用(というよりこれが強力)していく。フロレアールは接近しながら低位置にローリングソバットを繰り出す技。ヒットするとこちらが有利で、ノーキャンセルでブリュヴィオーズがつながる。
 ブレリアールは間合いを離しながらローリングソバットを出す。「攻撃判定が付いているコマンドが簡単なバックステップ」程度に考えよう。判定が長く出ているので相手の中ジャンプを潰すこともある。またこれとフロレアールはタメを作りながら出すことが可能なので、その要素も上手く利用していこう。
 メシドールは出の遅い中段技。キャンセルで出すと小技からもつながりキャンセル可能だがほぼ無意味。

 ヴァントーズは位置が高く弾速が遅い飛び道具。弱は出が早く隙が少ない。牽制に使ったり、盾にして近づいたりと活躍する。強は弱よりも弾速が早く出が遅く隙が大きめ。放つ前から判定があり、最後まで2段ある。

 ニヴォースはサマーソルトキック。真上への判定が強いが足元の判定は弱く、無敵時間も強の上半身しかない。決して使い勝手がいいとはいえない代物だ。1段目が相打ちしたときは追撃可能なので逃さないようにしよう。

 ヴァンデミエールは打撃投げ。喰らい判定を残して打ち上げるが、打ち上げるフィニッシュのリーチが短く密着でないと当たらないので使いにくい。

 テルミドールは小・中Jにもしゃがんでいる相手にも当たる巨大な弾を放つ技。発生直後から弾を飛ばす直前まで全身無敵で攻撃判定を持ち、弾は多段ヒットする。弾をガードするとガード方向を変えることができず、JDや屈Bから連続技を狙うことも可能。また飛び道具を放つ前は打撃判定となっていて、判定の強い打撃技で貫かれるほか、当て身でも掴まれる。

 ブリュヴィオーズニヴォースを弱・弱・強と3回繰り出す技。密着状態なら暗転後にガードが間に合わないため、暗転した時点でガードしていなければヒット確定だ。空中の相手に当てる場合、相当引きつけないと1回目しか当たらずダウン回避されると反撃確定。上半身のみ出掛かりに無敵時間がある。

 サン・キュロットは発動後、長い無敵時間とともに全身に攻撃判定をまとう。その後は約5カウントに渡ってヴァントーズニヴォースのタメ時間が大幅に減少し、すぐ出すことができるようになる。しかしそんなにゲージの余裕はないので使わないのが無難だろう。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP