KOF攻略
 小技からの連続技が強化されたことで、安定感が増した。

 通常技の牽制がとにかく強い。遠立Pは主に地上の相手へ、遠立BはJ防止に使え、さらに遠立Dは対空性能を備えているので、適当に出せば相手の中Jを潰せることが多々ある。立ちCDは少し前に進む上、判定が強くキャンセルがかかるぞ。JD・JCDは牽制、JBは空対空、JCは飛び込みに。またJCはキャンセルがかかるので、浮かせ技からの通常技での追撃はこれに任せるのがいいだろう。

 上顎は中段技。足元無敵で威力が高めだが、出が遅くガードされると五分。使うのには少々勇気が必要。
 上げ面は空中の相手に2ヒットさせるか1段目を当ててキャンセルすると追撃が可能。地上の相手には連続技や連係に使えるぞ。

 斬影拳は突進技。ガードされたときの隙が大きいのと、相手がいる位置で止まる性質があるため連続技に組み込みにくい。わざと目の前で止まる位置で出せば移動技として使えなくもないぞ。
 疾風横拳斬影拳の追加技。出すか否かに関わらず隙の大きさは変わらない。

 飛翔拳は飛ばない飛び道具。リョウの虎煌拳などと比べると判定が狭く威力は高くない。しかし相手に当てさえすれば隙は皆無と言っていいほどなく、状況次第では追撃が可能だ。
 激・飛翔拳は相手をふっとばさず、多段ヒット。隙が多いのであまりお勧めはしない。

 昇龍弾は多段ヒットの対空技。最後の1段がヒットすればダウン回避不能。ただしお世辞にも頼れるとは言えず、最後の1段は滅多に当たらないのでリバーサルぐらいしか使い道はないぞ。

 空破弾は先読み気味に出せば頼れる対空技になる。ガードされると当たり方によっては反撃されてしまうので注意。

 撃壁背水掌はガード不能の打撃攻撃。出は早くなく、弱攻撃からでは安定してつながらない上、投げ技として使っても、暴れられて潰されることが多々ある。ただしヒットすれば強力な連続技を叩き込めるぞ。

 幻影不知火は空中からエルボーで落下する技。ダウンは奪えず、ヒット時は五分なので、必ず派生技を出すこと。
 幻影不知火・上顎は中段技。相手端のみ幻影不知火からつながる。
 幻影不知火・下顎は下段技。幻影不知火からつながり、SCに対応。ただし幻影不知火がガードされたときにこれを出すと投げで対処される恐れがある。

 闇あびせ蹴りは後方に跳ねながら蹴り飛ばす技。出の遅い強は長い無敵時間を備えている。判定が強めで対空技として大いに活躍するぞ。

 クナイ弾はダウン追撃専用技。出が早い割にリーチが長く、状況次第で昇龍弾からつなげることができる。

 超裂破弾は相変わらず、長い無敵時間がある。対空というよりも割り込みに向いている。

 斬影流星拳は小技からつながるようになった。空中の相手などに1段目が当たるとロックが外れるので注意が必要だが、地上では重宝するぞ。

 MAX版の超裂破弾は通常版よりも出が早く、対空に使っても強力。威力が高いので、連続技に使うのもいいだろう。

 斬影至兜裂破弾斬影拳で猛突進する。ヒット・ガードに関わらず、追加コマンドをしないかぎり突進し続ける。追加コマンドを出すと昇り部分のみの超裂破弾のような技を放ち、斬影至兜裂破弾から連続ヒットするぞ。対空・割り込み・反撃・連続技と、様々な局面で使える便利な技だ。
間違い報告はメールBBSでお願いします。
気になる言葉は用語事典で!
戻る KOF攻略TOP TOP